ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビジネスマンが「知的な会話」をする方法 ベストセラー作家が語る「引用力」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
齋藤孝氏

 ベストセラー『声に出して読みたい日本語』の著者・齋藤孝氏が2011年11月5日、BSジャパン『勝間和代#デキビジ』に出演し、「美しい日本語に必要なのは『暗唱力』」だと語った。また日本のビジネスマンに向けて、知的な会話によって奥行きや深みが出ると「引用力」を勧めた。

 新聞の文章のような「実用日本語」と、響きがいい「美しい日本語」。その両方が必要と語る齋藤氏は、特に美しい日本語には「暗唱」が必要だと説明する。「覚えちゃうということ、例えば・・・」と、平家物語の那須与一の場面をそらんじる齋藤氏。「そういうものが入っていると、ふとした瞬間に日本語として活きてくる」と話した。

 また、ビジネスマンには「引用力」がおすすめだと語る齋藤氏。引用力を身につけるには、まず何かを読んだら忘れてしまう前に一文でも二文でも引用できる文に丸を付けておく。そして印をつけた文を、人に話して覚えていくのだそうだ。

 引用によって表現の豊かさが増した作品の中には、人々に慣れ親しまれている名作もある。

「『赤毛のアン』なんかも、よく読むとシェイクスピアの言葉とか聖書の言葉とか入っているんです。『源氏物語』も中国の文献がいろいろ入っていたりして。やはりそういうものは、引用をうまく織り交ぜることで豊かになるわけなんです」

 そして齋藤氏は、付け加える。

「引用してくると、奥行というか、深さの次元が出ると思うんですよね。そういうのが知的な会話であり、また仲間同士での楽しみになるんじゃないかなと思う」

◇関連サイト
・BS JAPAN「勝間和代#デキビジ」 – 公式サイト
http://www.bs-j.co.jp/dekibiz/
・[ニコニコ生放送]ビジネスマンにおすすめの「引用力」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv68673429?po=news&ref=rews#29:55

(境田明子)

【関連記事】
人前で5分間語れる本はありますか? 書評合戦「ビブリオバトル」の世界
「東日本女子駅伝を中止に追い込みたい」 山本太郎、ランナー被曝の可能性を憂慮
荻上チキ「社会を変えるためには、今あるメディアのフル活用が近道」
「ピンフ上がりで会社辞めるな」 西原理恵子、麻雀に例えて独立指南
「貧しくても楽しまなくてはならない」状態になっていた 東浩紀が語る若年層

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。