ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外でタクシーを使いたいときに役立つ英会話

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜朝6時からの番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)。乃木坂46の齋藤飛鳥がハリー杉山から英語レッスンを受けるワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」の8月は「旅先で使うひとこと」ということで、8月13日のオンエアでは、タクシーに関する英会話を紹介しました。

海外旅行では宿泊しているホテル、街に繰り出すときなどにタクシーを使うと思います。覚えておいて損はないでしょう。まずは、「タクシーはどこで乗れるのか?」と誰かに尋ねるときの英会話です。

「Where can I find a taxi?」(タクシーはどこで乗れますか?)
※礼儀正しく尋ねるときは、最後に「please」をつけると良いとのこと。

タクシーを捕まえることができたら、次は行き先を伝えなければいけませんが、「海外だと、住所の発音が難しいことがあるかもしれないから、紙に書いて渡すのもいいと思います」とハリー。確かに、発音の間違いで目的地と違う場所に向かってしまう…なんていうことは絶対に避けたいですよね。

ということで、タクシーの運転手さんに目的地へ向かってもらうときの英会話がこちら。

(メモを見せて)「Hello. Can you take me to this address?」(こんにちは。この住所までお願いします)※ここも礼儀正しく、最後には「please」!

「このとき、目と目を合わせてしっかりと言ってくださいね。これは必ずやってほしい」とハリーからさらにアドバイス。

そしてタクシーといえば気になるのが料金。知らない土地ですから、遠回りされてしまう可能性もなくはありません。ですので、たとえばホテルまでの料金を確かめる英会話はこちら。

「How much does it roughly cost to go to hotel?」(ホテルまでいくらくらいかかりますか?)

“roughly”は“だいたい”という意味。“ラフ”は日本語でもよく使いますよね。この“roughly”はお金だけでなく、時間を聞くときにも使えます。

「How long does it roughly take?」(そこまで時間はどれくらいですか?)

ちなみに、”cost”は日本語でもよく使う「コスト」。英会話の中で”cost”が出てきたら、100パーセントお金のことを言っているそうです。相手の話す英語が全部わからなくても、1ワードだけでも理解できたら、なんとなく言っていることがわかったりするので、単語だけでも覚えておくと役に立ちそうですね。

もし、目的地に着いて最初に聞いた料金と違うことを言われたら…齋藤を見習って、「No」または「Why?」(なぜ?)とはっきり言いましょう!

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP