体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歴史書は専門店で売る!歴史書を適切価格で買取してもらうコツ

歴史書はとても価値が高いものでも、歴史に興味のない一般人にとってはその本当の価値を理解することが出来ません。そのため歴史書の買取は専門の知識を持った人が査定してくれる専門店での買取が必須になります。

ここではそんな歴史書を、適切な価格で買取してもらうためのポイントを紹介します。

歴史書は文化財になることもある

null

歴史書の中には日本書紀や古事記といった、誰もが知っている歴史書もあれば、ある特定の地域の史料として一般の人たちの目に触れることのないものまであります。

歴史書は決して、その時代を正しく表したものばかりではありませんが、歴史学者であればそこから時代の流れや、その時代を生きる人々の生き方などを読み取ることができます。

最近では14世紀の南北朝時代に記された歴史書である「神皇正統記」が蔵から見つかったと話題になっているように、何百年も前に書かれた歴史書が見つかるようなケースもあります。

このような歴史的価値のある歴史書であっても、しっかりと鑑定できる人がチェックしなければ、ただの古い本になってしまいますが、実際には文化財になるほどの高い価値があります。

もちろんそんな特別な価値がある歴史書はほとんど存在しません。それでも一般に発売された歴史書も発行部数が少なかったり、現存するものが少ないような場合は、歴史学者や歴史好きにとってとても価値があり、プレミアム価格で取引されます。

もちろんそのような歴史書は、ブックオフのような大型チェーン店では取引されることはなく、歴史書を専門的に取り扱う店舗で売買されています。

高価買取が期待できる歴史書一覧

null

歴史書はそのほとんどが定価がないか、あっても古すぎるために当時の貨幣価値と現在の価値が一致しません。そのため、歴史書の買取価格に相場なく、買取店が独自に判断して買取価格と販売価格を決めているケースが多くなります。

もちろんニーズの高い歴史書は高値で買取してもらえます。ただし、買取相場はまったくわからないのが実情ですので、ここではニーズの高い歴史書を紹介します。

大日本古文書

大日本古文書は東京大学史料編纂所が刊行している歴史書になります。刊行の開始は1901年で、編年文書・家わけ文書・幕末外国関係文書の3部に分けて編成されています。

編年文書はすでに完結していますが、家わけ文書は未完結、幕末外国関係文書は現在も刊行を続けています。

大日本史料

大日本史料は1901年に刊行を開始し、現在もまだ刊行が続いている歴史書になります。すでに400冊以上も観光され、1年に3冊前後の刊行が行われています。

平安時代の宇多天皇の時代から江戸時代までを対象として、その歴史で起きた出来事を書き出してまとめたものになります。

大日本近世史料

大日本近世史料も現在もなお観光されている歴史書のひとつで、幕府史料、藩政史料、学芸史料の中から重要だと考えられているものを選んで翻刻しています。

1 2 3次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会