ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本当は犬が好きじゃないパパがつくった「飼うための契約書」が厳しすぎる!でもじつは・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「パパ、犬を飼ってもいい?」

子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約書をつくりました。そしてこれを全部守れるなら飼ってもいい、と。

本当は犬を飼うのはイヤだけど、子どもたちの願いも叶えてあげたい…そんなパパの気持ちがにじみ出る、その契約内容って?

「犬を飼いたいなら
この契約を守ること」

01.
パパは絶対に
フンの始末はしない

パパは何があってもフンの始末はしない。パパが快適に過ごすために子どもたちで最低、週3回はフンの掃除をすること。

02.
フンをする場所を
しつけること

犬が庭の端(お隣の家のフェンスの向かいの石のところ)でだけフンをするようにしつけること。前庭と裏庭の芝生の上にフンがあってはならない、と全員が認識すること。

03.
選択肢は小さい犬のみ

とても小さい犬であること。大きさは15ポンド(約6.8kg)まで。

04.
抜け毛は認めない

毛が抜ける犬ではないこと。一本もだ。

05.
ヨダレも認めない

ヨダレや鼻水を垂らす犬ではないこと。そのような犬は品位に欠ける、と全員が認識すること。

06.
フローリングを
傷つけないこと

犬に床を引っ掻かせないこと。爪を短く切る、靴を履かせる、外科手術をする(!?)など、手段は問わない。犬がフローリングを傷つけてはならない、と全員が自覚すること。

07.
パパは犬を
お風呂に入れない

パパが犬をお風呂に入れることはない。また、パパが「臭い」と判断したら24時間以内に子供たちがお風呂に入れること。

08.
家の中での粗相は
許さない

もし犬が家の中で粗相をして、ハウスクリーニングサービスでどうにもできなかった場合、シミや臭いをとるために有害な薬品を使わなければいけない、と知っておくこと。

09.
パパには名付けの
拒否権がある

パパには、犬の名前が気に入らなかったら拒否する権利がある。

10.
エサは
ごく普通のドッグフード

オーガニックやぜいたくなエサ、特別なドッグフードを与えないこと。ごく普通の、昔ながらのドッグフードで十分であると全員が認識すること。

11.
犬はあくまでも
犬である

犬を子どもや兄弟姉妹のように扱わないこと。全員が「犬は犬である」と認識すること。

12.
クリスマスカードに
犬の名前は載せない

クリスマスカードの写真に犬が写っていることがあるとしても、それは単なる偶然である。つまり、犬が写真の中心になってはいけない。

13.
子どもたちの責任で
犬の面倒を一生みる

子どもたちは、犬への愛情が冷めたり、犬に飽きたりすることがあってはならない。犬は基本的に子供たちの責任のもと、一生面倒をみるということを全員が認識すること。

そして契約の行方は…

結局、家族全員がサインし、そして子どもが書いたと思われる「犬!!」のサインまで。

この契約が結ばれた2週間後、家族はちょうど15ポンド(6.8kg)ほどの白くて毛の長い3歳の犬をシェルターからもらってくることになったそうです。毛の抜け変わりもなく、すでにしつけがされていて、ヨダレの心配もなし。「カーショー」と名付けられ、パパの拒否権も発動されなかったそうです。

そして契約から2年が経ったいま、子供たちはきちんとカーショーの面倒をみているとか。普通のドライドッグフードを食べ、家の中での粗相もなし。

パパも含めてみんな、カーショーのことが大好き。ただし契約書通り、家族の一員としてではなく、あくまで一家の愛犬として、だとか。

Licensed material used with permission by RJOHNSTONE13

関連記事リンク(外部サイト)

大人よりも、子どもが喜ぶ「ワーゲンバス」の正体とは?
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
見ているだけで癒される!世界で話題になった、かわいいワンちゃん【まとめ5選】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP