ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オービスの主流となったLHシステムの見分け方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オービスがレーダー探知機で見つけられたのは過去の話。いまオービスの主流となっているのはループコイル式。なかでも、老朽化したレーダー式オービスからの置換や、新設される際に設置される最新オービスが「LHシステム」です。最新オービスのLHシステムを見分ける方法を紹介します。

LHシステムはループコイル式

現在、設置台数を急速に増やし、主流となりつつある最新オービスが東京航空計器が提供する「LHシステム」です。老朽化したレーダー式オービスやHシステムからの置換、及び新設される際はほとんどのケースがこちらです。

LHシステムという名前は「ループコイル(Loop Coil)式」の「Hシステム」が由来。地中に埋められたループコイルで車速を計測して、違反車両はHシステムと同じように路上に設置されたCCDカメラで撮影します。

ちなみに、Hシステムはレーダー波で車速を計測するオービス。白く正方形のハンペン型アンテナが目印です。赤外線ストロボとCCDカメラが両サイドに設置されています。

LHシステムを見分けるポイント

最新オービスであるLHシステムは、レーダー式オービスのようなレーダー照射部がない上に、車両の撮影もCCDカメラのため、NシステムやTシステムといった路上カメラと見分けがつきにくくなっています。

紛らわしい路上カメラとLHシステムを見分けるポイントは2つ。1つは赤色灯付きのボックスがあることです。LHシステムはF型やアーチ型の支柱に設置されていますが、支柱付近に赤色灯付きの制御部らしきものが設置されています。

LHシステムを見分けるもう1つのポイントは、赤外線ストロボとCCDカメラの撮影ユニットの数が車線数を超えないこと。なお、撮影ポイントとなる路上には、白線が引かれていることも特徴です。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP