ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どうしても止めたい!しゃっくりはコレで止まる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
どうしても止めたい!しゃっくりはコレで止まる!

突然出てくるしゃっくり。「ヒック」という音も聞こえてしまうし、話や仕事、勉強をしていても集中できず困ってしまいますよね。今回はしゃっくりが起こる原因と、止め方について紹介します。

しゃっくりはどうして起こる?

しゃっくりは、横隔膜けいれんともいわれ、肋骨の下(肺の下)にある筋肉の横隔膜に何らかの原因で刺激が加わり痙攣が起こってしまう症状です。横隔膜が痙攣すると、急に肺の中に空気が取り込まれてしまいます。それと同時に脳から喉の近くにある筋肉にも指令がいき、その筋肉も急に収縮してしまうため「ヒック」というしゃっくりが出てしまうのです。横隔膜が痙攣する原因は様々で、単に笑い過ぎが原因のこともあれば、暴飲暴食が横隔膜への刺激になることも。消化の悪いものや炭酸飲料なども原因になることがあります。

コレなら止まる! しゃっくりの止め方

本当に止まった! とツイッターでも話題となったのが「人差し指を耳に入れ、30秒~1分待つ」というもの。喉の奥には延髄とつながる神経があって、延髄が興奮するとしゃっくりが出るといわれています。耳に人差し指を入れることで喉の奥にあるこのセンサーの興奮を抑えるという医学的根拠があるんだそう。もう一つは、深呼吸を2~3回し、その後思い切り息を吸って限界まで息を止め、ゆっくり時間をかけて吐く、これを数回繰り返すというもの。深呼吸にはリラックス効果があり、横隔膜の痙攣を鎮める作用もあるそうです。さらに「舌を引っ張る」というのもあります。これも喉の奥にある延髄とつながるセンサーの興奮を鎮めてくれます。ガーゼなどで舌を挟んで30秒1分程度やさしく引っ張るとうまくできますよ。

病気の場合もある

消化器系の腫瘍や炎症、食道がんや胃がんの場合にもしゃっくりが続くことがあります。消化器は横隔膜に近いため、炎症や腫瘍が直接横隔膜の神経を刺激してしまうこともあるからだそう。脳血管障害や脳腫瘍などの脳の病気が生じた場合も、中枢神経が刺激され、しゃっくりが止まらなくなることがあるそうです。頭痛や吐き気、視力低下が気になるようなら、脳外科を受診してみましょう。

普通は気が付いたら止まっているしゃっくりですが、続くと体力も失うし、睡眠障害や食欲不振なども起こりえます。紹介した方法で止まるといいですよね。止まらない、体調不良もある場合は医療機関を受診することも考えましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。