ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【前髪アレンジまとめ】かき上げ前髪を作るてっぱんの方法!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

印象も変えてプチイメチェンにも♪大活躍の前髪アレンジ

ちょっと前に芸能人発信で1つの前髪のスタイルとして立場が確立された、かき上げ前髪(バング)。お顔を華やかに、少し大人っぽい印象もプラスしてくれるこの前髪。
しかし、セルフでするとなるとどうも前髪がパカッと分かれたかのような見た目になってしまったり、モチが悪かったりと、慣れないと難しいのも事実。
今回はプロの美容師が語る、セルフで上手にかき上げ前髪を作る方法をまとめました。

 

自宅にあるツールで簡単につくれるかき上げ前髪

おそらく皆さんお手持ちの、ヘアアレンジ用のグッズは人によって様々。どなたでも持っているもので実践できるように使うツール別にご紹介します。
① マジックカーラー
マジックカーラーを写真のように巻きます。時間が経ったら外して、手で髪をかきあげるだけで仕上がってしまいます。
② ホットカーラー
ホットカーラーは、マジックカーラーと同様に、同じパネル(髪の毛の毛束を意味します。)を写真②のように巻いてもらう感じでもうまくできますよ。

 

それでももっと簡単に仕上げたいあなたにはこちら

マジックカーラーやホットカーラーをいちいち手に取るのも少しめんどう…というちょっとズボラさんな方にはもっと簡単にできる方法をお伝えいたします。
③ドライヤー
手で髪を根本から垂直に持ち上げて、その毛束にドライヤーの温風を当ててください。髪が温まったら、冷風にチェンジ。そうすると髪が立ち上がってキープされるので、前髪がかきあげられますよ。
④ダッカール
それすら面倒くさい! という方には最終手段として、写真④のようにダッカールを髪の根元付近に留めて放置してみてください。それだけでも形が付くのでかき上げ前髪が完成します♪ぜひやってみて下さい!

 

仕上げでキチッとかきあげた前髪をホールドしましょう♪

かき上げ前髪を持続させるのに効果的なのは、パウダーWAXを薄付けして手でかきあげるようにし、その直後にハードスプレーなどを全体的に軽くかけてあげると、長時間スタイルをキープできますよ。

YUTAKA(GRAND LINE)

 

続いてはコームとワックス使いでできるかき上げ前髪のレシピ

サロンで「かき上げ前髪で仕上げて下さい」とオーダーするとピシッときまるのに、どうしてか自宅で自分で実践するとうまくいかないという方はこちらをどうぞ。

まず、100円ショップにもよく売っているような櫛を、1本だけご用意下さい。最初は、前髪がペタっとしてしまって、かき上げバングには程遠い感じになっちゃいますね。
①まず櫛を流したい方向、立ちあげたい方向に差し込みます。
②差し込んだら、櫛の先が頭側を通るように、くるんとひっくり返します。
③流した方向と逆方向に、押し出すように引っ張ります。
④櫛を抜きます。
これをドライヤーしながらブローするように、2~3回繰り返してあげます。
すると、ちょっぴり前髪に立ち上がりのクセがつきます。

 

必要なのはちょっとしたコツのみ!

⑤櫛に、ハード系のスプレーを吹き付けます。
⑥先程立ち上げた前髪の根元をめがけて、スッと差し込みます
(この時、とかすのではなく根元に刺しこんで、立ち上げたい所まで櫛を通して留めるのがポイントです)。
写真のようにナナメにするといい感じになりやすいですよ。5秒ほどしたら櫛を抜いて、反対側も少しだけ同じようにしたら出来上がりです。
いかがでしょう??
松井愛士(release SEMBA)
前髪はあるのとないのとで、印象や見た目がガラッと変わるものです。大人かわいい雰囲気や元気でヘルシーなイメージを付けたい時に是非とも活用してみてください!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP