ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外で食べるなんてもったいない!おウチで簡単に本格カレーがつくれるレシピ本が人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暑い夏には、スパイスが利いたカレーが食べたくなるものですよね!

だけど本格的なカレーって家ではなかなか作れないと思っていませんか?

いやいやそんなことはありません。実は家でも簡単に作ることができるんです☆

ホフディラン小宮山さんのカレーのレシピ本

今回ご紹介したいのは、“音楽界のグルメ番長”小宮山雄飛さんが初めて執筆した「カレー粉・スパイスではじめる 旨い!家カレー」(1728円)というレシピ本。

本書では年間200皿以上のカレーを作る大のカレー好き、小宮山雄飛さん珠玉のカレーのレシピを何と約40品も紹介しています。

しかも、どれも手軽につくれるレシピばかりなので、お料理初心者でも安心してトライすることができちゃうんです♪

手軽なのにオシャレに見える「キーマカレー」

なかでも小宮さんがオススメしているのが、カフェご飯の定番「キーマカレー」。

ふんだんにお肉を使うので出汁がなくても旨味はたっぷり。 しかもアレコレ難しい手順もなく手軽に作ることができるから忙しい女性にはピッタリですよね。

見た目もまるでカフェに出てくるようなオシャレなカレーでテンションUP!

お友達や恋人に作ってあげたらきっと喜ばれるハズです♡

今回は特別に「旨い!家カレー」からそのキーマカレーのレシピを公開しちゃいます!

■レシピ名
シンプルキーマカレー

■材料
4人分

合いびき肉……300g
なす……1本
にんじん……1本
玉ねぎ……1個
にんにく……1片
しょうが……1片
トマトの水煮(缶詰)……200g
水……200ml
ゆで卵……4個
サラダ油……大さじ2
塩……小さじ1程度
カレー粉……大さじ2

白ご飯……4皿分

■つくり方
【1】玉ねぎ、なず、にんじんはみじん切りにし、にんにく、しょうがはすりおろす。

【2】フライパンにサラダ油を熱し、【1】の玉ねぎを入れて透き通るまで中火で炒める。【1】のにんにく、しょうがを加えて強火で約5分炒め、玉ねぎが色づいてきたら中火にして約10分、黄金色になるまで炒める。

【3】トマトの水煮を入れてつぶしながら混ぜ、火が通ったらカレー粉を加えてなじませ、中火で約5分煮る。

【4】分量の水、合いびき肉、【1】のなす、にんじんを加えて、よく混ぜながら中火で約10分煮る。

【5】水分が飛んでパラッとした状態になってきたら、塩で好みの加減に調味する。

【6】器にご飯を平たく盛り、【5】を重ねるようにのせ、薄切りにしたゆで卵をすらしながら並べてのせたらできあがり!

他にも楽しいアレンジカレーがいっぱい♪

キーマカレー以外にも、「ベーコンエッグキャベツカレー」や「カレー味豚キムチ丼」、「なすのつゆだくキーマカレー」など、「あっ」と驚くような斬新なアレンジカレーレシピがいっぱいの「旨い!家カレー」。

また、カレーのレシピだけでなく、家カレーで重要となるスパイスの基礎知識や、付け合わせの作り方まで載っているので、これ1冊ですっかりカレーマスターになれそうな予感…♡

この夏は色んなレシピにチャレンジして、自分だけの簡単オシャレなオリジナルカレーを作ってみてはいかがでしょうか?

書名:「カレー粉・スパイスではじめる 旨い!家カレー」
著者:小宮山 雄飛
ISBN:9784022513861
定価:1728円(税込)

写真:東川哲也(朝日新聞出版)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP