体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”スタイリッシュ”にして”ガチンコ”。アクションゲームの信念を貫く一作『Furi』

『Furi』
 
『Furi』(フリー)は、フランスのインディーゲームスタジオThe Game Bakersが開発したハイスピードSci-Fi剣劇アクションゲームで、STEAMと海外PlayStation4にて7月5日より配信中である。また、国内でもPlayStation Plusの8月のフリープレイタイトルとして8月3日より配信が開始された。

海外制作の作品ながら、日本語字幕および日本語吹き替えに完全対応しており、英語に苦手意識があるという人でも気兼ねなくプレイすることができる。
近年のインディーズゲームシーンの拡大により、発売当初やそれに近い時期から日本語に対応する海外作品も少なからず出てきているが、吹き替えにまで対応している点は特筆すべきといえるだろう。

脳髄を刺激するビジュアル&サウンド&スピード

ひとりの男が囚われていた。
いわく、殺人兵器としての罪で、浮遊大陸をワープゲートでいくつにも連ねた監獄へ収監され、責め苦を受けていた。
そこへ同じような立場と思しき「ウサギ頭の男」が突如現れ、彼を枷から解放して戦う事を促す。
「看守がポイントだ。あいつを倒せば自由になれる。」と―――

『Furi』
 
『Furi』
 
『Furi』
 
『Furi』
 
『Furi』を一目見たときに飛び込んでくるのは、その特異なビジュアルだ。
狂言回しの役割を担う「ウサギ頭の男」、般若の面と阿修羅の三面像を組み合わせたかのような「第一の看守」など、『アフロサムライ』の岡崎能士氏がデザインを手掛けたインパクト溢れるキャラクターが次々登場する。
背景美術も、SF的なネオンに彩られた空間のみならず、捻じれた橋でつながる空中に浮いた島々、荒涼とした砂漠など、どこか幻想的ともいえる光景が広がっている。
 
『Furi』
 
『Furi』
 
『Furi』
 
また、『Hotline Miami 2』で作曲を手掛けたCarpenter Brut氏をはじめとするミュージシャン達による、アップテンポなバトルを引き立てるテクノ・サウンドは”アガれる”こと間違いなしの粒よりの楽曲群だ。
サウンドトラックはbandcampでも試聴・購入が可能になっているので、まずは音楽から聞いてみるという入り方もアリだろう。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。