ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性150人に調査「お盆のお墓参り、どう捉えている?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


待ちに待ったお盆休み。「どこへ行こうか!」とソワソワしている人も多いだろうけど、ちょっと待った。そもそも祖先の霊を祀る一連の行事がお盆。それぞれの信教にもよるが、帰郷と、それに伴うお墓参りが付きものだ。いったいどれだけの人が“ちゃんと”お墓参りをしているのか…!? 25〜35歳の男性150人を対象に、調査を行った。

【もっと大きな画像や図表を見る】

【今年のお盆はお墓参りに行く?】

(いずれも単一回答。R25調べ・協力/アイリサーチ))

・実家に帰るついでにお墓参りに行く予定(38.0%)
・実家には帰るが、お墓参りに行くかどうかはわからない(9.3%)
・実家には帰るが、お墓参りには行かない(12.7%)
・実家には帰らないが、お墓参りには行く予定(13.3%)
・実家には帰らないし、お墓参りにも行かない(26.7%)

「お墓参りに行く」派は51.3%(77人)と、なんと過半数超え! 分家として家系を分けるなどして、実家がお墓を持たないケースも考えられることから、これはかなり高い割合と言えるのではないだろうか。また「行く」と答えている人は、その頻度をおおむね適性だと見ているようだ。では「この夏お墓参りに行く」と答えた人たち77人に、その理由を聞いてみた。

「恒例になっており、親が定期的なお墓参りを重視している」(27歳)
「母の墓前にはいきたいから」(34歳)
「毎年行っていることを怠ると罰が当たりそうで不安になるから」(34歳)
「先祖供養。宗教にこだわりはないが実行はしようと思う」(33歳)
「理由などない」(28歳)
「先祖は大切にしたいから」(33歳)
「毎年行ってるので義務みたいになってる」(27歳)
「ご先祖様への感謝」(31歳)
「しっかりとあいさつをしておきたいから」(33歳)
「先祖を敬うのは当たり前」(32歳)

実に半数以上の41人もが「習慣/恒例だから」など、慣例をその理由として挙げている。どうやらお盆のお墓参りに行く人の多くは、代々引き継いできた当たり前の行事という意識がうかがえそう。時間が許すなら、この先も続けていきたいものだ。ちなみに、例年お盆にお墓参りに行く頻度について、“自己評価”を聞いてみると…。

【お盆にお墓参りに行く頻度について、どう思う?】

・多いくらいだと考えている(4%)
・適正だと考えている(62.7%)
・少ないと考えている(33.3%)

「少ない」と感じている人が3割いることがわかった。お墓があるのに行かない人は、これを機にちょっと出かけてみてはいかがだろうか。ご先祖様が泣いているかもしれませんよ?

(吉州正行)

(R25編集部)

男性150人に調査「お盆のお墓参り、どう捉えている?」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

妻に言われたら傷つく文句TOP10
40代男女「熟年離婚したい」2割強
ホテル予約 ネットで「満室」でも実際は空きがある?
妻の両親とどう付き合う? 帰省時「義息子」の作法
連休にありがちなガッカリ事例TOP10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP