ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2週間で5キロ増!好きなだけ食べていた妊婦時代…気づいた時には驚愕の体重に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私が妊娠したのは、今から13年も前のこと。

妊娠初期のつわりが1ヶ月ほど続き、お茶を飲んではもどし、ご飯が炊けるにおいでももどしてしまう、そんなつらい日々が続きました。

悩まされていたつわりの期間が終わり、おなかもふっくらとしてきた頃、急に食欲が増して食べ盛りの子供くらいの量を数ヶ月食べ続けていました。

つわりの時期に、食べられなかった分を補うかのような勢いで…。

「妊婦だし…食べたいもの食べてもいいよね…」「つわりの時期、食べられなかったから!」と自分に言い聞かせては、本当に好き放題食べる日々…。

しかも、野菜など低カロリー、栄養満点のものには目もくれず、ポテトフライやごはんなど、高カロリーなものが大好きな私。

仕事も出産ギリギリまで続けようと思っていたので、帰る時間が遅くなることもあり、帰りの車内で大好きなお菓子をもぐもぐもぐもぐ…。 関連記事:「そろそろ結婚指輪外しておいてねー」 妊娠後期、お太り神さまは指にも宿る!

そんなこんなで、無事に安定期に入った頃、おなかの中で少し変化が…。

おなかの中から足で押して触ってみると…小さな足を感じました。

「おなかの中に、本当に自分の子どもがいるんだなぁ」と無事に成長していることを実感。

妊婦としての幸せを噛みしめている時期に、ちょっとした出来事が…。

ある健診の日、病院で看護婦さんが見ているなか体重を計ると…。

なんと2週間前に比べ、体重が約5キロも増加!先生に「体重計が壊れているかもしれないから、もう一度計って」と言われ、今度は先生が見ている中、恐る恐る体重計に。

「やっぱり食べ過ぎてたんだ…ヤバい怒られる」と心の中で、ソワソワしはじめる私。

…もちろん、体重計は壊れておらず、体重がものすごく増えていたのです。

先生からお叱りを受けつつ、「妊婦さん専用のプール教室があるから通ってみたら?」と提案を受けました。

仕事も退職時期だったこともあり、1ヶ月半くらいプール教室に通うことに。

教室では、水中を歩いたりクロールを泳いだりしてなんとか体重増加を防止。

おなかの中の赤ちゃんも気持ちいいのか、泳いでいる時に動いているのがわかり、「おなかの中にいても気持ちは通じるんだな」と思いました。

そして、出産予定日の朝、ドキドキしながら健診に行くと、先生に「1週間くらい延びそうだね」と言われ、残念な気持ちで帰宅。

しかし、夕方になり、急に動けなくなるほどの痛みを感じ、「これはおかしい」と思い、病院へ行き、そのまま入院。

その日の夜は痛みで眠れないイライラとベッドでうたた寝をしている主人に、イライラがつのり、「起きろ!」と主人のTシャツが破れそうなくらいの力で引っ張ってしまいました。

早朝にトイレに行きたくなり、痛みの合間にトイレまで行き用をたそうとした瞬間に激痛!トイレで救急ボタンを押し、看護婦さんに連れられ分娩室へ。

ものの30分で無事!しかも、約4000グラムのビッグな女の子を出産!

私がよく食べる妊婦だったからかな…なんて(苦笑)。

今になって、「あのころ、高カロリーで不健康なものしか食べていなかったけど、子どもの身体に悪影響になっていないかな」と心配になっています…。

ちょっとふっくらしても「妊婦だから」といえるのは、妊婦さんの特権?かもしれませんが、やっぱり子どもを想うなら、妊娠時期も栄養価やカロリーを考えながら食事するべきだと思いました。

子どもが成長してから、どんな影響が出るかわかりませんからね(汗)。 関連記事:過酷ダイエット+運動、なのに体重増加…栄養士の知識で痩せない原因を洗い出す!

著者:ショコラ。

年齢:40歳

子どもの年齢:12歳

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

食べられる幸せ!‥‥気づけば体重の危機!?
「食べたい、助けてください」 食欲爆発でストレスMAX、頭パーン寸前!そんな私を救ったのは… by EMI
妊婦さんの大変さ…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP