ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1000万稼げても毎日が地獄。お金で満たされないアフィリエイターの苦悩

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「自分のペースでお金が稼げる」「社会のストレスから開放される」そんなイメージからか、今も人気が高いアフィリエイト。

土浦聖人さん(仮名・32歳)は、港区の中堅商社で営業マンとして働いていたが、株価の変動に伴う強烈なストレスに耐え切れなくなり6年前に退職。以前から興味があったアフィリエイトに本腰を入れ、年収はついに1000万円を超えた。

会社員時代を大きく超える収入を手にしたが、「思っていたより全然幸せではない」という。一体どういうことなのか話を聞いてみた。

■「自分にはお金しかない」収入はあっても消えない虚しさ

――思っていたより幸せではないというのは?

土浦さん:たしかに収入は増えましたけど、やっていることはサイトを立ち上げてひたすら記事を更新するだけの「作業」ですから。誰にも褒めてもらえないし、「この仕事にどんな意味があるんだろう」と考え出して、猛烈に虚しくなることがあります。

――なぜ虚しいのですか?

土浦さん:承認欲求がまるで満たされないので、やりがいを感じることができないんです。稼いだ額しか自分の価値を測るものがないので、どうしても「お金!お金!」となってしまうんですよね。

お金はやりがいの一つかもしれないけど、よく考えてみると「何やってるんだろう」って。逆に、お金を稼げなくなることはすごく怖いです。今の僕にはお金しかないので…。

■1000万稼いでもお金が使えない。毎日14時間以上パソコンに向かう

――趣味や休日の過ごし方は?

土浦さん:毎日14時間以上パソコンに向かっているので、休みらしい休みは取ってないですね。土日・祝日も関係なく、ひたすらサイトを更新しています。

収入を維持するために、今は6つのサイトを運営しているので、クラウドソーシングも使っていますが、それでもこれくらい働かないとまったく追いつきません。

――そんなに働かないと収入を維持できないのですか?

土浦さん:というより、「やり続けないと不安」というのが大きいです。

検索サイトのアルゴリズム変更によって、アクセスが一気に激減したりすることもあるので、常に最新情報には目を光らせていなければならないし、それに合わせたサイトを維持し続けなければいけないんです。

少しの油断 = 即、「収入減」に直結しますから、サボってる暇なんてありませんよ。

――稼いだお金の使い道は?

土浦さん:うーん、時間のかかる趣味はできないので、わかりやすく「食」に消費することが多いですかね。営業をやってた頃は外回りもありましたが、今はずっとパソコンの前に座る生活なので10キロ以上太りましたね。正直、健康状態もかなり不安です。

■嫌で仕方なかった会社の飲み会も懐かしい

――お金を手にした今、求めていることは何ですか?

土浦さん:友だちが欲しい。人とのつながりが欲しくてアフィリエイター同士のあつまりに参加したこともあったんですけど、お金の話、稼ぎ方の話ばかりで、ここには自分の求める人間関係はないなと思いました。

――会社に戻りたいと思うことは?

土浦さん:会社員時代は、プロジェクトを終えたあとにはチームの打ち上げもありましたし、月に何度かは飲み会もありました。今さら戻れませんが、一発芸を求められたりするから嫌で嫌で仕方なかった忘年会でさえ、今となっては懐かしいとさえ感じます。

 ◇   ◇   ◇

一人でお金が稼げるため、「社会で受けるストレスから開放されそう」と思われがちなアフィリエイトだが、社会以上に大きなストレスを孕んでいるのかもしれない。

【関連記事】

元記事はこちら

ものすごい額を売り上げる新幹線の車内販売員が、あえてお客さんと雑談をする理由

組織を崩壊させる、「男の嫉妬」が持つ恐るべき破壊力

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP