ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

公営競技で大穴を狙うなら競馬かオートレース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内で認められている公営競技は、競馬・競輪・オートレース・競艇の4種類。1レースあたりの出場数は競技によって違います。さらに公営競技を過去の高配当で比べてみると、じつは大きな差があるのです。公営競技で大穴を狙うなら競馬かオートレースを選ぶのが近道といえるでしょう。

公営競技の1番の醍醐味は大穴勝負

公営競技の出走数は、競馬が全パドック出走で18頭、競輪は9人、オートレースは8車、競艇は6艇となります。この人数の中から1~3着までを当てて、掛け金×配当率の金額をゲットするわけです。

そして、公営競技の1番の醍醐味は、なんといっても“大穴”勝負。過去の最高配当額をみると、2012年8月の新潟競馬場で、2,983万295円の馬券が的中しています。

このほか、競輪の最高配当は2006年9月に奈良競輪場で476万700円を記録。オートレースは2006年5月に伊勢崎オートレースで、1,572万1,720円。競艇は2011年5月に徳山競艇場で記録した68万2,760円が最高配当です。

公営競技で大金をつかむなら競馬

注目すべきは、どの公営競技も最高配当が3連単から出ているという点です。3連単とは1~3着までを順番通りに当てる賭け式。通り数が多く、予想が難しいので、必然的にオッズが高まるのです。

また、公営競技の出走数や世間での知名度でみれば、競馬での大穴発生率は非常に高く、歴代高額配当ベスト10のうち8つが2010年以降に出ています。公営競技で大金をつかむなら競馬で勝負すべきかもしれません。

また、通常は8車立てのオートレースでも1,500万円以上の大穴を記録。出走数から考えると、かなりのハイリターンが狙える公営競技です。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP