ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人もハマる工場見学 レアな試食体験から小さな穴場まで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ここ数年、人気が高まっている工場見学──。かつては小学生の社会科見学というイメージが強かったが、最近では大人もハマる人気スポットとなっている。夏休み期間中に工場見学を予定している人も多いだろう。

「企業側にとっても、消費者と直接触れ合うことができるうえ、固定ファンの獲得にもつながると、見学コースの公開範囲やサービスを年々パワーアップさせています。その結果、充実の試食やお土産、迫力ある製造ラインの公開、楽しませるための演出など、見学者にとってワクワクする工場見学施設が激増しています」

 こう話すのは、多いときは1日に3件、月に10回は工場見学に出掛けるという無類の工場見学マニアで、シティリビングWeb公式ブロガーの丹羽桃子さんだ。丹羽さんがお薦めする食品メーカーの工場見学をテーマ別に紹介しよう。※「」内のコメントは丹羽さん

【レアな試食体験】

●ロッテ狭山工場/埼玉県狭山市新狭山
『キシリトール』などのガムや、『チョコパイ』をはじめとするビスケット類を製造。

「チョコパイは市販のものはしっとりしていますが、出来立てはビスケット生地がサクサクしていて別物のように美味しい! まさにここに来ないと食べられないレア商品です」

●崎陽軒横浜工場/神奈川県横浜市都筑区
 言わずと知れた横浜名物のシウマイメーカー。

「この工場では“昔ながらのシウマイ”と“特製シウマイ”を試食できます。お弁当で食べたことがある人もたくさんいると思いますが、やはり作り立てのシウマイは格別。実際に作られる様子を見た後なので、さらに美味しく感じること間違いなしです」

【レアなお土産ゲット】

●赤城乳業/埼玉県本庄市児玉町
 ロングセラーの『ガリガリ君』を中心とした各種アイスクリームを製造。工場見学は1日3回、100名を限度に受け入れているが、あまりの人気に見学できる当選倍率は500倍ともいわれている。

「ここに来ると、ガリガリ君の形をした消しゴムやクリアファイルなど、子どもだけでなく、文房具マニアにもたまらないお土産がもらえます。また、ハロウィンやクリスマスなど季節ごとのイベントが充実しているのも魅力です」

●味の素川崎工場/神奈川県川崎市川崎区
 選択するコースによって、『ほんだし』や『Cook Do』など、同社の主力商品の製造工程を見学できる。

「味の素コースを選択すると、実際に自分で充填してお土産としてもらえるのですが、見た目がかわいく、持ち歩くと話のネタにもなります。海外旅行などで食があわなかった時に役立つかもしれませんね」

【女性(主婦)人気バツグン】

●キューピー五霞工場/茨城県猿島郡五霞町
 マヨネーズ・ドレッシング工場の見学をした後、いろいろな味のドレッシングでサラダの試食ができる。

「見学後のサラダバーで多種類のドレッシングを試せるのは、女性にとっては嬉しいサービス。また、普段の食卓使いができるお土産ばかりなのでありがたいですよね」

●美十 おたべ本館/京都府京都市南区
 京都銘菓の生八つ橋『おたべ』が次々と出来上がる工程を見学できる。

「京都観光のプラスアルファとしてもオススメ。出来立ての八つ橋は今までの八つ橋とは別物のように美味しいです。別途有料で手作り体験をしてみるのもいいでしょう」

【男性がハマる】

●サントリー武蔵野ビール工場/東京都府中市矢崎町
 サントリー初のビール工場で、同社の主力ビール『ザ・プレミアム・モルツ』もこの工場で誕生。“プレモル”に懸ける醸造家の想いが分かる講座も開催している。

「予約がとりやすく気軽に行けるビール工場です。私も過去に4回行ったことがあるのですが、常に賑わっているので1人で行っても参加しやすいと思います。1人で試飲している男性もよく見かけます」

●ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所/宮城県仙台市青葉区
 ウイスキーの製造工程を学びながら、緑豊かな自然を活かした工場内では蒸溜棟や赤レンガの貯蔵庫などを見学できる。

「予約不要で開催も20分毎とかなりの高頻度で行なわれています。試飲会場の雰囲気が良く、仙台観光のついでにふらっと立ち寄るのもオススメです」

●キッコーマン野田工場/千葉県野田市野田
 しょうゆの製造工程を映像や展示で紹介するほか、もろみの熟成の様子やしょうゆの色・味・香りを体験できる。

「基本的に2人以上からの申し込みですが、なじみ深いしょうゆについて、ベースの知識がある男性には興味深いと思います。特に理系男性はハマるかもしれません」

【中小企業の穴場工場】

●小澤酒造/東京都青梅市沢井
 銘酒『澤乃井』ができるまでの蔵内の工程を見学できる。もちろん、見学の最後には“きき酒”も用意されている。

「日本酒が好きな方はさらに知識を増やすことができて楽しみが広がるはず。自然豊かな立地は東京とは思えないほど。食事所もあるので日本酒をあまり飲まない人でもぜひ訪れてほしい場所です」

●まるそう一福/埼玉県草加市青柳
 本格的なせんべい工場。米からせんべいになるまでの工程を見学でき、焼きたてせんべいの試食や販売が人気。

「製造ラインが少ししか見えないので工場としての迫力にはかけますが、説明が丁寧でとても興味深いです。また有料でおせんべい焼き体験ができ、これが予想以上に楽しいんです」

●モンテール美濃加茂工場/岐阜県美濃加茂市蜂屋台
 シュークリーム、エクレア、ワッフルなど同社自慢の洋菓子の製造工程を見学できる。

「全体の見学コースは約30分で終わるので、岐阜への観光ついでに立ち寄りやすいスポットです。製造工程は上から全体をしっかり見ることができ、最後にはお楽しみのデザート試食も。直売店ではおトクな買い物もできます」

 * * *
 最後に、丹羽さんが工場見学の醍醐味について語る。

「多くの工場見学は無料となっているため、お金をかけずに楽しみたい人たちや好奇心旺盛なさまざまな世代をとりこにしています。

 さらに最近では、日本のモノづくりやおもてなしが体感できると、国内だけでなく海外からも注目を浴びています。実際に韓国語や英語でのツアーを用意している企業も増え、人気を博しています。

 なんでもネットで手に入る時代だからこそ、商品の製造工程を目で見て回り、試食などで五感を研ぎ澄ますことのできる工場見学は貴重な体験といえます。ぜひ、皆さんも見学ツアーなどの情報をマメにチェックして、工場を訪ねてみてください。必ず、新しい発見があると思います」

【関連記事】
山梨名産『信玄餅』や静岡名産『うなぎパイ』工場見学も可能
予約難易度高! ガリガリ君の工場見学で「梨味」を食べた
ビール、ウイスキー、飛行機の整備場 昨今の人気見学ツアー事情

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP