体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レッツポコポコ、新メンお披露目ライヴを即レポ

エンタメ
レッツポコポコ、新メンお披露目ライヴを即レポ

2016年8月11日(木・祝)、レッツポコポコ新メンバー「千歳ちの(ちーぼう)、琴海りお」お披露めイベントとして〈レッツマウンテン~新たなる旅立ち~〉が開催された。ライヴにはクマリデパート、じゅじゅもゲスト出演した。

レッツポコポコは、ゆるめるモ! プロデュース・チームが手がける第2弾アイドル・グループ。2016年2月21日に新宿LOFTでのライヴでデビューし、「なつかしくて新しい」をモットーに昭和歌謡リスペクトな活動をしている。

8月10日にはグループ初となるミニ・アルバム『カラフルポコポコ』がリリース。今回のライヴを経てレッツポコポコは5人体制で新たなスタートを切る(夢那ゆには現在活動休止中)。

ライヴはクマリデパートとじゅじゅがフロアの熱気を高め、会場後方でゆるめるモ! メンバーが見守る中始まった。ライヴでは、デビュー・ミニ・アルバム『カラフルポコポコ』収録曲含む計7曲が披露された。

新体制のレッツポコポコは登場後MCなどを挟まず「クルクルポコポコ」を披露。まずオーディエンスに新たな5人でのパフォーマンスを見せた。自己紹介のMCではそれぞれが一言ずつコメント。注目の新メンバーであるちーぼうと琴海りおからは「初めてのライヴなので緊張するが頑張りたい」と今回のイベントへの意気込みが語られた。

メンバーたちが口を揃えて「一番緊張していた」と指摘していたちーぼうだが、この日は主体的にMCを進行したり、ステージ上でも表情が柔らかく、緊張のそぶりを見せない堂々のパフォーマンスを見せた。

ミディアム・テンポの「恋は蜃気楼」では、移動が少なく手や表情などのミニマルな動きが特徴的なダンスで、センターを踊る琴海りおを筆頭に、見ている人が安心するような穏やかな微笑みでフロアのファンを魅了した。

演奏が残り2曲に迫る中、ちーぼうが「ダンスが下手で覚えるのも大変だけど、みんなで一緒にここまで頑張った」と涙しながら語るとそれに共感した久々御こひなも感嘆してしまうなど、今回のライヴに至るまでを振り返って一同が感慨に浸るシーンも見られた。ライヴを締める「友よポコポコ」では琴海りおも涙ぐむ姿を見せ、自身のアイドルとしてのお披露目に感極まる様子が伺えた。

また、MCの時間も長尺に取られ、デビュー・ミニ・アルバム『カラフルポコポコ』のリリースや新メンバー加入により刷新されたアーティスト写真の撮影裏話や新衣装についてもトークが繰り広げられた。ピンクを基調に白い水玉模様が全身を彩るワンピースの新衣装について、ちーぼうは「夢かわいくて気に入った」という。

アーティスト写真撮影は真夏の公園で2日間に渡って行われ、撮影中におじいちゃんや犬が通りかかって写真がボツになるハプニングがあったほか、カメラに息を吹きかけてわざとぼやけさせる不思議な撮影手法がとられたことを話した。

更に新情報として本公演後20時に「魔法のカギカッコ」のミュージック・ビデオがYouTubeで公開されることを明かし、オーディエンスにその動画を特別先行公開した。日常で生じる恋愛や喧嘩などの問題をレッポコメンバーがカギカッコ(言葉)を使った魔法で解決するという、歌詞やタイトルに沿った内容になっている。小枝えこはこのMVについて「振りのわからないりお(琴海りお)にみんなで振りを教えるシーンがいつもの光景に近くて自然な風景が再現されている」と語った。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会