ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最終兵器、「足の力」!?危険がいっぱいな、双子のつかまり立ち初期 by ぐっちぃ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

とうとうつかまり立ちが始まりました。 前回のエピソード:買い物NG?夕方にのんびり昼寝?オレも疲れてる?「休日の夫」に物申す(怒)!

ただ、「つかまり立ちしたて」の頃ほど不安定なことはないですよね。

立ったかと思うとすぐ「フラッ」と倒れてしまう。

床一面にクッションを敷き詰めて置くわけにもいかないし、ハイハイの頃とはまた違った「危険予測」を立てて見守らないといけないなーと思ったのです。 関連記事:気がつくとそこにいない…。前が見えない猛スピードの「仰向けハイハイ」にヒヤリ連発!

でも予測を立てても防げないことがありました。

こまめにミルクをあげているタイミングで、

のまめが私につかまって立ってしまった!

少しでも体勢が狂ったらのまめが倒れてしまうー!!

背中ののまめに90%神経を集中させつつ、のこりの10%でこまめにミルクを与える…!

ほんの日常の昼間に起こったささいな事件でしたが、

なかなか味わえない緊張感でしたよ…。

のまめはこまめがミルクを飲み終わるまで立ってられなかったので

最終的には「足の力」にも手伝ってもらってのまめを救出しました。

「足の力」が歩行以外でこんなに役に立つなんて双子育児を経験しないと分からなかったことですね(笑)

著者:ぐっちぃ

年齢:30代後半

子どもの年齢:6歳の双子

新潟県在住。働く主婦。30歳で一卵性双生児「こまめ」と「のまめ」を授かりました。只今保育園年長。女子力高い2人の女子トークについていくのに精いっぱいです!お母さんがんばる!「双子を授かっちゃいましたヨ☆」というブログで妊娠~現在までのブログも描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

ぐっちぃさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

足元から天井を突くような「ドン!ドン!」 子どもの足音トラブルで引っ越し決行
ついに始まった三男との線路沿い通い。気持ちの切り替えで母も大満足の電車見学タイム byマルサイ
ギャン泣きして一歩も歩けず!何事にも物怖じしない娘が唯一怖がったあるものとは…!?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP