体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Ken(L’Arc~en~Ciel)主催【PARTY ZOO】出演メンバーがトークイベントで語りつくした“ストラト愛”

Ken(L’Arc~en~Ciel)主催【PARTY ZOO】出演メンバーがトークイベントで語りつくした“ストラト愛”

 Ken(L’Arc~en~Ciel)自ら声をかけた仲間たちが集結し、全国5か所をまわるイベント【PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~】。2016年8月6日に開催された【Fender×PARTY ZOOトークセッション】に、Ken、ヒロト(A9)、圭(BAROQUE)、Duran (Made in Asia)が登場し、ストラト愛を語りつくした。

【Fender×PARTY ZOOトークセッション】写真

 まずはKenがそれぞれを【PARTY ZOO】に誘ったエピソードとして、「電話して、出る?って聞いて。OK!って感じで」と話し、ギター仲間たちとの深い親交を伺わせた。今度は逆にヒロト、圭、DuranがギタリストKenへの想いを語り始める。その間、「虹」のギターソロバージョンをBGMとして弾き続けたKenの照れた様子と美しいギターの音色で、会場はあたたかい空気に包まれた。

 続いて、それぞれが日頃から愛用するストラトを持ち寄り、自慢のサウンドを披露。同じストラトでも4者4様の音色が鳴り響き、Kenは「ライブ中にギター持ち換えるのはこういうことだったりするよね。ギタリストは細かいニュアンスを考えてるんです」と語った。

 また、この日はKenのニューギター“Paisley Fantasy”が初お披露目となった。これまでもKenのギターを手掛けてきたフェンダーカスタムショップのグレッグ・フェスラーによって製作された特別な一本は、【PARTY ZOO】にも持ち回るとのことだ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。