体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伝統と技術を学ぶ!工業&工芸品制作体験スポット5選【東海】

伝統と技術を学ぶ!工業&工芸品制作体験スポット5選【東海】 天ぷら&レタス作り完成

夏休みも後半戦に突入!

旅行やプールもいいけれど、学びの体験もさせてあげたいですよね。

それなら、遊びながら知識が深まるミュージアムやテーマパークはいかが?

体験プログラムで自由研究の宿題も片付いて一石二鳥!

今回は歴史の勉強にもなる工業&工芸品の体験をピックアップ!

モノ作り産業が盛んな東海地方。今に伝わる工業品や工芸品の伝統の技術&作り方を、その道のプロに教わりながら実感できます。

美濃和紙や七宝焼など、大人でも憧れる伝統工芸品。子供と一緒に作って夏の思い出もたくさん作ってくださいね。

1.サンプルビレッジ いわさき【岐阜県郡上市】

どれが本物?ぜんぶ偽物!食べちゃいたいほどソックリ。

天ぷら&レタス作り

天ぷら&レタス作り

<要予約、6歳以上>

開催日時/10時~15時

料金/800円~

予約/前日までに電話にて要予約

所要時間/30~40分

まずは天ぷらに挑戦!

1.天ぷらの具を3つチョイス天ぷらの具を3つチョイス

エビやナス、サツマイモなど7種類のなかから具を選び、フードパックに入れて席へ

2.ロウを流して衣作りロウを流して衣作り

40㎝ほどの高さからロウを垂らすと衣のように!ロウは熱いのでさわらないよう注意して

3.具をやさしく包もう具をやさしく包もう

衣の上に具を置いて包み込む。ギュッと握るとベタついた衣になるのでフワリと優しく

4.水で冷やして固める水で冷やして固める

ロウがまだやわらかいため、冷水にくぐらせる。固まったら天ぷらのできあがり

お次はレタス作り

1.白と緑のロウを流す白と緑のロウを流す

芯と葉になる2色のロウを流す。天ぷらとは反対に、湯面ギリギリから流そう!

2.ロウをのばして葉を作ろうロウをのばして葉を作ろう
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。