体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ペット』宮野真守&梶裕貴インタビュー「僕を擬“動物”化するとネズミになるんだと思います」[オタ女]

ペット

皆さんの愛するペット、飼い主がいない間なにをしているか知っていますか? 『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが手掛けるこの夏必見のアニマル・コメディ『ペット』。いよいよ日本でも公開となりました。

主人公はテリアのミックス犬・マックスとずんぐりむっくりしたのろまな大型犬・デューク。飼い主ケイティが出かけている間に騒動が起き、大都会で迷子になってしまった2頭は無事に家に帰る事が出来るのか?! “ミニオンズ”人気の火付け役とも言えるアニメーション『怪盗グルーのミニオン危機一発』を手掛けたクリス・ルノー監督が、動物たちの表情を活き活きと描きます。

本作の日本語吹替えでは、鷹のタイベリアスを宮野真守さん、モルモットのノーマンを梶裕貴さんという人気声優2名が担当。映画を楽しく盛り上げています。宮野さん&梶さんの2ショットインタビューでも、宮野さんの「梶君を食べたくてしょうがない」発言など大盛り上がり。2人の仲良しっぷりにも注目を。

映画『ペット』吹替版予告編
https://www.youtube.com/watch?v=nVm1vPCbIl8

ペット

―作品とても楽しく観させていただきました! 最初にオファーを受けたときのお気持ちを教えてください。

宮野:イルミネーション・エンターテインメントの作品には過去に『ロラックスおじさんの秘密の種』、『怪盗グルーのミニオン危機一発』、『ミニオンズ』で出演させていただいたこともあり、『ペット』の予告編が公開された時から、「面白い作品が始まるぞ!」と気になっていました。今回は、ペットたちが飼い主の居ない間に何をしているのかという可愛い設定で、予告編の中にも電動ミキサーでお腹と背中をかかれて気持よくなっちゃうダックスフントがいたりとか、ワクワクする内容ばかりでした。その後、出演のお話をいただいたときは非常に嬉しかったです。

梶:過去に『ミニオンズ』を拝見させていただいたことがあるのですが、いち視聴者として純粋に楽しんでいました。なので、そんなイルミネーション・エンターテインメントさんの作品に出演が決まったと聞いたときは、とても嬉しかったです。役者として、キャラクターの1人として作品世界に入り込めるという喜びもありましたし、幅広い年齢層の方に楽しんでいただける作品に関われるということも嬉しかったです。宮野さんと一緒に出演できることはもちろん、こういったプロモーション活動をさせていただける事も、とても嬉しく思います。

―今回、宮野さんは鷹の「タイベリアス」、梶さんはモルモットの「ノーマン」を演じられましたが、動物を演じる上で工夫された点はありますか?

宮野:タイベリアスが他の動物を食べようとする気持ちに駆られて「仕方ないだろ猛禽類なんだから!」と言う場面がありますが、それは単純に人間と違う衝動じゃないですか(笑)。感情や年齢感は自分の経験上の引き出しから導き出せるわけですが、そこに鷹という要素が加わると、人間では思い付かないような衝動にも感情が生まれます。だから、そういったところを演じるのは楽しかったです。

―確かに、人間には無い本能的な衝動ですものね。

宮野:仲間なのに皆を食べたくてしょうがない衝動とか、屋上で飼われているため孤独を感じている姿とか、そういう部分を鷹ならではの扱いで描かれたキャラクター性が面白くて。でもそれは人間でも感じられる感情でもあるんです。寂しくて友達がいないとか、梶くんのことを食べたくてしょうがないとか(笑)。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。