ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お化粧のワンクッションが鍵。真夏の化粧崩れを防ぐ2つの方法とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジメジメの梅雨が明けたと思ったら、強い日差しに眩しい太陽が照りかざす毎日。すっきり晴れて気持ちが良いけれど、朝したお化粧が崩れてしまう!そんな時に見直したい対策を、私の体験談を交えながらご紹介したいと思います。

【方法1】下地をたっぷり付ける

私自身も夏は非常に汗をかくので、“なるべくべたつかないように”という意識が強く、間違ったお化粧をしていました。メイクをする前の化粧水やベースメイク下地を、少ししか塗らなかったんですよね。

イメージ的に「ベタつく=保湿が十分に足りている」と思いがちですが、実はそうではありません。乾燥している感覚はなくても、夏ほど、しっかりと保湿することが化粧崩れしにくくなるためのポイントだと思います。


土台がしっかりと出来ていないと、上から色を重ねても上手く付着することができなくなりヨレヨレに…。化粧下地はちょっと多くない?と思うほど手にとって、多めにつけてみてくださいね。

そしてお顔をマッサージしながら、くるくると馴染ませてあげると、お肌へ浸透してモチモチ度がUPすると思います♡

【方法2】ティッシュオフとパウダーを挟む

上記のたっぷりベース作りが完了したら、いきなりパウダーファンデやクリームファンデで抑えるのはNG。私のオススメは必ずティッシュオフするという一手間です。

マッサージしながら馴染ませるのでお肌に浸透しきった!と思っていても、いざティッシュで軽く押さえると残ったベースが付着することでしょう。


とても些細なことですが、この余分なものを軽くとり、ファンデーションを塗る前に、通常フィニッシングパウダーで使用するような粒子の細かいパウダーを、一度ポンポンとしてみてください。この上からファンデーションを塗るだけで、かなり崩れにくくヨレにくくなりますよ♡

最後に

今回は実践的な内容!ということで、今日から使えるメイクのワンテクをご紹介しました。手持ちの化粧品はそのままで、塗る順番や一手間を挟むだけ。ぜひトライしてみてくださいね♡

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

【美脚への3ステップ】どうしても痩せない脚・・・。効くのはやっぱり定番ケア!
1分間の肩甲骨エクササイズで、背中美人&リフトアップ!
怒ってる?オバサンっぽい眉間のシワをとる方法
美白作用たっぷりの「ハトムギ」で日焼け対策!肌荒れ、むくみ、便秘解消にも
寝る前3分!布団を使った簡単ダイエットエクササイズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP