ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小出義雄監督「世界で勝つには一か八かでやらないと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本中が歓喜に沸いた1日があった。今から16年前、シドニー五輪でQちゃんこと高橋尚子(当時28歳)が見せた軽やかな走りとゴール後の笑顔は、今でも日本人の記憶に刻まれている。その高橋を育てた小出義雄監督(77、佐倉アスリート倶楽部)に会ってきた。会った当日は、リオ五輪直前とあってスポーツ熱が高まるなか、名伯楽の口から漏れ出るのは、日本陸上界への悲観と叱咤と、自らの大いなる夢だった。

 * * *
 あのシドニー五輪の金メダルも、高橋と小出、二人の命がけの取り組みの賜物だった。象徴的な練習がある。

 練習拠点は標高1600mの米国コロラド州ボルダーだったが、レース2か月前、さらに2000m近く上がった3500mで、24kmの山道を全力で駆け上がる超高地トレーニングを敢行した。日本人に合った高さは2000m前後というのが「常識」で、スポーツ科学の権威からは「非常識」と批判された。

「俺は非常識だと思ってない。本当はもっと高いところでやりたかった。常識的なことをやっても勝てないよ」

──ただ、高橋さんも走り始めた当初は心臓が潰れそうに痛いなどと訴えていた。体へのダメージやケガは心配ではなかった?

「大したことないよ。当時は自分でも走ってみたしね。世界で勝つには、ケガするかしないかギリギリのところを一か八かでやらないといけない。それにね、人間の体というのは、その環境に応じて変わっていくんです。

 52年前の東京五輪でアベベが優勝したよね。ゴールして『もう一回走れる』と言ったの。彼は3000m級の高地で生活して、裸足で歩いたり走ったりしていたから、42kmなんて軽く走れる。日本人だって同じようにやればそうなる。こんなの常識でわかるじゃない」

──昔から強い選手は非常識と言われる練習をやっていますよね。

「僕は順天堂大時代に円谷(幸吉)さんと青森東京駅伝で同じ区間を走ってる。新幹線みたいに先に行かれちゃうんだ。高校のときは大したことなかったのに、自衛隊に入ってから急に強くなったから、宿舎で枕を並べてどんな練習をしてるか聞いたの。例えば、朝霞駐屯地の周りの2kmのコースを10本やってる。他の選手の倍ですよ。

 当時、ある専門家がマラソン練習は月間600kmくらいがいいと言っていたけど、彼は朝練だけでそれくらい走ってた。限界までやっていたから強かったんだ。僕はその練習をQちゃんに取り入れてみたの。それが成功したんだよ」

──円谷さんが世界と闘う日本マラソンの伝統の始まりだと。

「僕はそう思ってるよ。性格も本当に真面目でね。努力の塊。僕は1歳上だけど、誰にも偉ぶらない。ああいう人が生きていて、後進の指導をしてくれていたら、日本ももう少しましになっていたんじゃないかな」

 小出は日本の伝統を受け継ぐほぼ唯一人の指導者と言っていい。円谷だけでなく、昭和30年代から現在に至るまでの強いランナーの練習法は「全て頭に入っている」という。

──今の日本に欠けているものは。

「練習量をこなせない、指導者もやらせられない。ただ、そこにはね、ジュニアの促成栽培の問題もあるの。中学、高校の指導者が勝ちたいがために、選手に鉄や栄養剤の注射を打たせてる。貧血の治療範囲を超えて。努力で強くなってるわけじゃないんだ。そういう選手をしっかりした食事を摂らせてまともに走らせるのに、3年かかるよ」(文中敬称略)

【PROFILE】こいでよしお/1939年、千葉県生まれ。順天堂大学体育学部卒業。卒業後は23年間、市立船橋高などで教鞭をとり、全国高校駅伝にチームを導く。1988年より実業団で指導。有森裕子、高橋尚子などメダリストを輩出した。2002年に佐倉アスリート倶楽部設立。

●聞き手/高川武将(ルポライター )

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
小出義雄監督 最後の命がけは鷲見梓沙の東京五輪での勝負
女子マラソンの有力選手の特徴 高校時代パッとしなかった点
高橋英樹と高橋真麻親子 美食を食べて大満足&爆笑シーン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP