ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五輪バド女子シングル奥原希望 1年の内320日はすっぴん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4年に1度のスポーツの祭典・リオ五輪がついに開幕。日本からも331人の選手団がメダルを目指して現地へと飛び立った。そんな選手団の中から、バドミントン女子シングルスの奥原希望(21才=日本ユニシス所属)を撮り下ろし。メイクアップ&スタイリングした姿で、キメていただきました。

 * * *
「1年の内、320日は練習と試合のため、ほぼ、すっぴん。こうしてきちんとメイクしていただいて、かわいい服を着ただけで気合が入ります(笑い)。

 相手の2手先、3手先を読み、最後にスマッシュで決めるのが、バドミントンの楽しさ。精神的にたくましくなった今の私なら、どんな選手と向き合っても、互角以上に戦える自信があります。風を、運を味方につけ、自分を信じて、堂々とリオのコートに立ちます」(奥原)

【プロフィール】
奥原希望(おくはら・のぞみ)。1995年3月13日生まれ、長野県出身。7才からバドミントンを始める。昨年12月のスーパーシリーズ・ファイナルでは日本人初となる女子シングルスを制覇。今年3月に行われた「全英オープン」でも優勝し、世界のトップに立った。156cm、52kg。

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
やたらと親切な清楚な女性 実は英会話教材のセールスレディ
裏カジノ問題が芸能界に波及 大物司会者や有名芸人に疑惑
韓国バドミントン男子 アジア大会の優勝は02年釜山大会以来

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP