ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

圧倒的なインパクトに目を奪われる二段重ねの海鮮丼 / 刺身BAR 河岸頭の築地場外丼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

築地場外丼
3000円

「東京の台所」こと築地市場を訪れたら、食べたいもののひとつが海鮮丼である。さまざまな店が看板を並べているが、見た目も楽しむなら「刺身BAR 河岸頭」(東京都中央区築地4-12-2)をおすすめしたい。

・店主の目利きが光る
「刺身BAR 河岸頭」では、珍しい「二段重ね」の海鮮丼をランチ限定で提供している。築地市場で働いた経験を持つ店主が、その目利きと人脈を生かして仕入れた旬の魚を存分に堪能できる一品だ。

・驚愕のインパクト
季節や仕入れによって使われるネタは異なるようだが、見た目の圧倒的なインパクトは変わらない。

上段は約10種類の鮮魚からなる海鮮丼、下段は具材たっぷりのちらし寿司。真ん中の小皿には、ホタテなどがのったジュレが入っている。

・豪華なネタににんまり
この日は、ボタンエビ、ウニ、イクラなど、豪華なネタがズラリ。どれから箸をつけようか、悩む時間も至福であった。

海鮮丼、ちらし寿司ともに米飯のため、ジュレを混ぜて自分好みの酢飯にするのもいい。決して気軽な金額ではないが、ここまで目も舌も楽しませてくれるなら、迷わずアリだ。

もっと詳しく読む: 圧倒的なインパクトに目を奪われる二段重ねの海鮮丼 / 刺身BAR 河岸頭(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/08/12/kaisendon-kashigashira/

刺身BAR 河岸頭
住所: 東京都中央区築地4-12-2 ライオンズマンション東銀座地下1階
時間: 11:00~14:00 18:00~23:00
休日: 日曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13054584/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP