体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケロッグ「玄米グラノラ」がかき氷の有名店「和kitchen かんな」とコラボ♡期間限定の進化系かき氷をチェック!


日本でも朝食の定番として、すっかりおなじみになったグラノラ。冬には温めて食べる新スタイルが登場し話題となったが、暑さ厳しい今年の夏は”かき氷”アレンジで食べてみては?

8月下旬に登場の「玄米グラノラ」新発売を記念して、ケロッグとかき氷の人気店「和kitchen かんな」がコラボレーションメニューを開発。8月11日(木)~9月30日(金)の期間限定で「玄米グラノラ」を使用した “進化系かき氷”を提供する。

「和kitchen かんな」は“行列のできるかき氷店”としても有名な、気軽な雰囲気で本格的な和食が楽しめるお店。かき氷には日光「松月氷室」の天然氷を使用している。

栄養価の高い玄米が主原料の「玄米グラノラ」は、甘さ控えめ。甘酸っぱいあんずに風味豊かな黒豆、あずきなどの「和の食材」を使用したグラノラ。今回のコラボのために、同店のオーナー店長が考案した完全オリジナルのかき氷は全3種類。ランチメニューで提供されるメニュー1種とともに「玄米グラノラ」が使用され、今までになかった “進化系かき氷”が体験できる。

 


「玄米グラノラ氷 蔵出し和栗」(1000円)は、秋先取りのかき氷。「玄米グラノラ」と茨城県産の濃厚な和栗のシロップ、コクあるマスカルポーネをあわせている。


「玄米グラノラ氷 とうもろこし」(950円)は、コロコロしたとうもろこしの粒と「玄米グラノラ」、かき氷を一緒に食べるスタイル。甘さ控えめのとうもろこしシロップで楽しんだり、塩黒蜜かけてみるのもおススメ。

「玄米グラノラ氷 あんず」(950円)は、旬のあんずをシロップにしてかけた爽やかな香りのさっぱりした一品。「玄米グラノラ」のあんずとダブルで楽しんで。

すべてのコラボかき氷には、牛乳と練乳を合わせて煮詰めた「和kitchen かんな」オリジナルの「特製牛乳」を使用。氷が溶けはじめるとミルクでシリアルを食べているような感覚に♪

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会