体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ギャー!机から●●が…」本当にあった職場の怖い話・2016

真夏らしいムシムシとした日が続いています。暑さを吹き飛ばすにはサーキュレーターも効果的ですが、体の芯から涼を取ってみては。夏の暑さをひんやりさせるために「怖い話」なんていかがでしょう。

今回、リクナビNEXTジャーナルでは、20~30代のビジネスパーソン550名にアンケート調査を行い、「職場で遭遇した怖い体験」について聞いてみました。誰しも心当たりがあるようなちょっとしたミスから、原因の分からない謎の現象、会社の経営を揺るがす取引の失敗まで、数多くの恐怖体験が集まりました。どのエピソードも、仕事中の自分に置き換えて考えてみるとひんやりする内容ばかり。それではさっそくご紹介します!

f:id:tany_tanimoto:20160809175501j:plain

一歩間違えれば大惨事…事故の恐怖

仕事の関係上、高所に登って作業していたが足場が崩れ、地面に落ちた。真下に1立方メートルくらいの金属の塊があったので、当たっていたら死んでいた。落下の瞬間はスローモーションで景色が見えた。怪我は肋骨のヒビで済んだ。(37歳 男性)

回答の中でも多かったのが、現場や車で移動している最中での事故寸前のエピソード。「ヒヤリ・ハット」という言葉がありますが、常日頃気を付けていても、忙しかったりちょっとした油断をしたときに、事故のきっかけが起こるもの。くれぐれもご注意を!

<そのほかのエピソード>

高温の油の中に浸漬して耐久試験を行っていて、経過を見ようとした際に、サンプルを油に落下させてしまい、高温の油が跳ねて火傷をしそうになったこと。(36歳 男性) 電気的故障でプレス機が故障し、もう少しのところで頭を潰されるところだった(39歳 男性) 冬の北海道で車を運転していた時に、突然猛吹雪とともにホワイトアウト。前後不覚だけではなく、上下の感覚もなくなって危うく追突事故を起こしそうになった。(36歳 男性)

うっかり間違いが思わぬ大事に…ミスの恐怖

予約を間違えて取っていたことで、他のメンバーが慌ただしくトラブルを対処するため、電話でやり取りをしていました。で、手配をした記録をみて、私の名前が聞こえた時、何にも集中できなくなりヒヤヒヤが止まりませんでした。(30歳 女性)

ちょっとしたミスがメンバーや会社に大きな影響を与えることも。面倒でも、自分でダブルチェックをすることで、うっかりミスを防ぐことができます。こうした恐怖を回避するため、大きな影響を及ぼす業務の時は、必ず誰かにチェックしてもらいましょう。

<そのほかのエピソード>

発注数を一桁入力し間違えるという漫画のような間違いをした時に冷や汗が出ました。文句を言いながら販売してくださった優しい先輩方に感謝です。(39歳 男性) 疲労からコマンドを間違えて打ってしまい、エラーメッセージを上げてしまったときに冷や汗をかきました。結果的にたいした問題にならずホッとしました。(36歳 男性) 重要な案件がある日、9時に出勤するはずが携帯がマナーモードになっていて、起きたら10時だった。着信やメールが何十件も入っていた…。(38歳 男性)

もはやうっかりではすまされない…大失敗の恐怖

請求を数カ月忘れていたことが判明した。(36歳 女性)

失敗が発覚したときに頭にめぐるのはその影響範囲の大きさと、解決策。けれど影響範囲が大きければ大きいほど、穏やかな解決策は見いだしにくく冷や汗は止まりません。逃げ出したくなるような気持ちを押さえて解決の糸口を探り、対処することで、ビジネスパーソンとしてひと回りタフに成長できるのではないでしょうか。

<そのほかのエピソード>

お客様に説明していた内容が間違っていた。訂正できるような内容ではなく、どうやって謝るかかなり悩んだ。(39歳 男性) 資料の数字を間違えてしまっているのが会議の場でわかったとき。(33歳 男性) 個人情報を記した資料を紛失したこと。他の資料と一緒に別の担当者の席から見つかったが、それまでは気が気じゃなかったです。(36歳 男性) 内容が間違ったままプロジェクトが進行してしまい、もはや後戻りできないことに気づいたとき。(32歳 男性)

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。