ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Gmailに不審な送信元やURLを警告する機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 8 月 10 日、メールサービス「Gmail」の WEB 版と Android 版において、今週中よりメールの安全対策を目的とした警告表示機能を追加すると発表しました。新たに追加される警告機能は、メールの送信元やメールに添付されているリンクが不審な場合にユーザーに分かりやすく警告を表示するというものです。Android 版に追加されるのは、送信元が Sender Policy Framework(SPF)または DKIM のいずれかで認証されないメールを受信した場合にプロイールアイコン上に「?」が付く機能だけです。WEB 版にはさらに、メールに添付された URL が不審なサイトの場合にメールのわかりやすいところに警告を表示します。Source : Google

■関連記事
ロア・インターナショナル、DPARKSブランドのケーブル一体型モバイルバッテリーを発売
dTV VRで “AAA” 最新シングル「NEW」のVRミュージックビデオが配信開始
Bang&Olufsen、北欧デザインのAndroid TV「Beovision 14」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP