体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まだ間に合う! 夏の高校野球、甲子園観戦のチケット・持ち物現地ルポ!

まだ間に合う! 夏の高校野球、感動の甲子園観戦ルポ

いよいよ始まった夏の甲子園! 清々しいプレーに胸が熱くなったり、球児の涙にもらい泣きしてしまった人も多いのではないでしょうか? 今年は超高校級の好投手が揃い、野球漫画のような感動のドラマが見られるかもしれませんね。

高校野球の聖地・甲子園での観戦はアルプス席からの大声援、観客のどよめき、選手たちのかけ声に包まれ、テレビでは味わえない迫力や臨場感がたっぷり!

今回は、大会1〜2日目を観戦した筆者による観戦のときおさえておきたいポイントを現地ルポでご紹介したいと思います。

大会初日は開門前から長蛇の列

まだ間に合う! 夏の高校野球、感動の甲子園観戦ルポ

初日の8月7日。開会式は9時開始。東京在住の筆者は前日から大阪入り。チケット発売開始&開門予定の6時半をめがけて到着したのですが、すでに駅近くまで長蛇の列!

まだ間に合う! 夏の高校野球、感動の甲子園観戦ルポ

3塁内野自由席チケットを狙って列に並んでみたものの直前で完売。急遽アルプス席で観戦することに。(大人600円)

熱い声援とブラバンを間近で体感! 応援を一緒に楽しめるアルプス席

まだ間に合う! 夏の高校野球、感動の甲子園観戦ルポ

第1試合は「佐久長聖―鳴門」。1塁アルプス席は佐久長聖。学校関係や選手のご家族、地元の方々が応援に来られていて、熱い声援に感動してしまいました。間近で聴くブラバンも大迫力!

まだ間に合う! 夏の高校野球、感動の甲子園観戦ルポ

第2試合は「出雲-智弁学園」。1塁アルプス席は出雲。惜しくも負けてしまった出雲ですが、今春の選抜優勝校、智弁学園相手に大健闘! アルプスが一体となった大声援に思わず胸が熱くなりました。

まだ間に合う! 夏の高校野球、感動の甲子園観戦ルポ

アルプスの内野側に近い席からの眺め。バッテリーからやや遠いものの、試合全体がよく見渡せます。

熱中症対策に! 甲子園名物「かちわり氷」

まだ間に合う! 夏の高校野球、感動の甲子園観戦ルポ

熱い応援を間近で感じられるアルプス席ですが、屋根がなく直射日光に晒さられるのですさまじい暑さ! 座っているだけで汗が噴き出し、まるでサウナのよう。

重宝したのが甲子園名物でもあるこの「かちわり氷」。頭や首にくっつけて冷やしたり、氷を舐めたり、溶けた冷たい水をストローで飲んだりと最高のクールダウン。この日の西宮市は35℃もあったそうで、1試合で2袋も購入してしまいました。

内野に比べて、アルプス席売店は店数が少ない

まだ間に合う! 夏の高校野球、感動の甲子園観戦ルポ

こちらはアルプス席スタンド裏にある売店。名物のカレーや焼きそば、カキ氷など一通りあるものの、内野席売店よりは規模も小さくお店も少ないように感じました。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。