ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お題の絵を想像で描いてニュージーランドに行けるFacebookキャンペーン第2弾が開催中 その必勝法は?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

お題の絵を想像で描いて航空券がもらえるニュージーランド航空のFacebookキャンペーン第2弾が開催中 その必勝法を聞いてみた

お題の絵を描いて『Facebook』に投稿し、最も人気があった絵を描いた作者に、優勝賞品としてその絵を再現したフィギュアとオークランドまでの往復航空券をプレゼントするキャンペーン『お絵かきニュージーランド』。7月に開催された第1回が好評につき、第2弾のお題が発表されています。前回は「キーウィ(鳥)」というお題でしたが、今回は「シルバー・ファーン」という難易度高めのお題。優勝するのはどんな人? どんな作品がウケるの? 前回の結果を取材してキャンペーンの必勝法を分析してみました。

『お絵かきニュージーランド』では、実物や写真を見ないで、1色だけで絵を描くのがルール。お題を知らない場合は、その言葉からイメージする絵を描けばよいとされています。うろ覚えで実物と異なる絵を描いても大丈夫だそうです。

ガジェット通信が作成したキーウィの絵

たとえば前回、ガジェット通信スタッフは4本足のキーウィを描きました。これでも大丈夫。

ガジェット通信が作成した「シルバーファーン」の絵

そして今回もスタッフに描いてもらいました。「今回は動物ではない」という情報だけ与えて描いてもらった絵は……竹トンボ? 描いたスタッフいわく「タケコプターです」とのこと。いやいや、単体で飛んじゃってるよ!

ファーン→ファン→プロペラ→タケコプター

という発想なのでしょうか。もちろん、これも大丈夫。

今回の賞品は?

第2回「シルバー・ファーン」の受賞者には、次の賞品がプレゼントされます。

優勝(1名):優勝作品を再現したオブジェ+オークランド行航空券

コメント賞(1名):ギフト券5000円分

ニュージーランド航空賞(1名):ニュージーランド産ワイン詰め合わせ

優勝者に贈られるフィギュア

ちなみに、前回のお題「キーウィ」で優勝した人がもらえるフィギュアはこのようなもの。絵の雰囲気を再現しつつ、かなり手の込んだ造形に仕上がっています。自分の描いた絵を立体にしてもらえるだけでも応募のモチベーションは上がりますよね。

フィギュアの制作過程はこちらから見ることができます。
http://on.fb.me/txETlh[リンク]

優勝を狙うには?

前回の優勝者、盛り上がった作品についてお話をうかがった結果、優勝を狙うには次の条件を満たしているとよさそうです。

(1)友だちが多い
優勝は、『Facebookページ』に公開された作品の中から、最も多く投票された作品。ということは、『Facebook』に友だちが大勢いる人なら、友だちからの投票だけで優勝が狙えるかも?

(2)コメントがつく
投稿した絵は自分のウォールでシェアできます。絵が話題になってコメントがつけば、ほかの人の目に触れる機会も増えるので、投票が集まる可能性が高くなりそう。優勝は逃しても、コメントが盛り上がれば「コメント賞」が狙えます。

(3)とにかく目立つ
描いた絵が目立てば、投票も集まりやすくなります。おとなしくマジメに描くよりは、直感重視でとにかく目立つ絵を描いてみるのも手です。

優勝を狙う条件を頭に入れたら、早速参加してみましょう。参加方法は、作品をカメラや携帯電話で撮影して、写真を『Facebook』から投稿するだけ。詳しくはニュージーランド航空の『Facebookページ』を確認してください。

『お絵かきニュージーランド』(Facebook)
http://www.facebook.com/AirNZJP?sk=app_276021232429753

※画像は『Facebook』より引用。2点目、3点目はガジェット通信が撮影

第1回「キーウィ」の紹介記事:
キーウィ(鳥)を見ないで描ける? ニュージーランド航空がFacebookでお絵かきコンテストを開催!
http://getnews.jp/archives/126513

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。