体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

予定日超過、前駆陣痛、破水…なのに赤ちゃんが下りてこない! 手術の不安で涙が…

当初、地元の昔からある産婦人科で自然分娩の予定でした。

この産婦人科は設備が古いこともあり、産婦人科ではあるものの、緊急時や帝王切開の可能性がでた場合は、関連病院に搬送されて処置を受けるというのは事前に説明を受けていました。

幸いにも妊娠中は大きなトラブルもなく順調に妊婦生活を過ごしていました。

しかし、予定日を過ぎても胎児が骨盤に降りてこず、出産の兆候は現れないまま、予定日超過6日目。主治医に、週明けに骨盤のレントゲンを撮るよう言われました。

そして週明けの朝(超過8日目)、なんとなく生理痛のような鈍い痛みがではじめたので産婦人科に確認の連絡をしたところ、

「行けそうな痛みだったら、予定通り指定の病院でレントゲンを撮って、それからうちに受診に来てください」との指示。

レントゲンを撮り、産婦人科に着いた時点で鈍い痛みは10分間隔くらいで続いているものの、痛みの強さは変わらず。生理痛くらいの我慢できる痛みでした。

診察室に入り内診。診察台の上で「あれ?少し破水してますね。今日から入院しましょう」と。

まさかの診断にビックリ。

「急を要する破水ではないので、とりあえず抗生物質を飲んで、お昼を食べてきてから入院の準備をしてきてください。」と。

診察室に移り、先生と一緒にレントゲンをみる。

すると、素人目にもわかるくらいハッキリと骨盤の上の方に胎児の頭蓋骨が。

「本来なら骨盤に入っていなければいけない時期なのにこの位置にあるのは、ちょっと心配ですね。でもまぁ陣痛は来始めてるようですし、入院して促通剤で刺激すれば降りてくるかもしれませんし。」 関連記事:妊娠39週でも赤ちゃんが下がらない。児頭骨盤不均衡で帝王切開に移行するかもと言われ…

昼ご飯を済ませ、入院の準備をして産婦人科につくとお腹のモニターをとって陣痛の確認。まだまだ本陣痛といえるほどの強さじゃなく、促通剤の点滴を受けました。

次第に痛みが強くなるも、それでも夕飯の時点ではご飯も普通に食べれるし、痛みも10分間隔。

夜中の2時になり、痛みの間隔が2~3分に。ナースコールで連絡し、陣痛室へ。しかし、痛みが強くなる様子もなく痛み止めを貰い寝るように勧められ、少し眠って朝を迎えました。

朝イチで旦那を呼び、再度内診、モニター。しかし、陣痛も遠のき、一向に胎児は降りてこず。

「お昼までに兆候が見られない場合は残念ですが、安全のために他の病院に行きましょう」と。

結局、お昼の内診でも兆候はなく、転院決定。考えてもいなかった人生初手術への不安で涙が。

助産師さんにも励まされながら救急車で転院。でも、本陣痛になりきらなかった痛みはさほど辛くなく変に冷静でした。

アットホームな産婦人科から救急搬送も多い近代的な産婦人科へ搬送。スタッフと挨拶を交わす暇もなく、陣痛室で横になってすぐ内診。

「子宮口は少し開いてきてるので、もう少し自然分娩の可能性を考えてから決めましょう」と言われ、まだ自然分娩の可能性がある事に安堵。

そしてあっという間に人工破水を受け、風船が割れるような感覚とともに生暖かい羊水がドバッと。そして、促通剤で本陣痛へ。

次第に喋れないほどの陣痛が30秒おきに…でも、この時点でお腹の赤ちゃんに肋骨を蹴られていて、まったく骨盤に降りていないことが自分でもわかりました。

ここで、先生から「子宮口は少し開いてきたけど、このペースだとあと半日はかかると思います。既に人工破水もさせてるし、赤ちゃんの事をかんがえると帝王切開にした方がいいと思うけど…それでいいかな?」と。

私自身も、自然分娩できるかわからないのにこれ以上痛みに耐えるのはもう無理だと思い「お願いします」と。

その瞬間、不安と安堵感が入り混じって涙が止まらなくなりました。

そこからは急展開で、陣痛の合間に術部の剃毛を受け、車椅子で手術室へ。帝王切開になったというのに続く陣痛に「もういいからやめてー!」と赤ちゃんに八つ当たりしていました。

手術台に乗り、背骨から麻酔を入れ、みるみるうちに下半身の感覚がなくなりました。

そこからは本当に今までの慌ただしさが嘘みたいに静かな空間で、スタッフの声とオペの器具の金属音やモニター音のみが響き渡りました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。