体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ぶんぶんチョッパー』億劫になりがちなみじん切りがアナログ機構で楽々こなせる!

46-1_edited-7

料理に欠かせないみじん切り。しかし、周りに飛び散ったり、玉ねぎは涙が止まらなかったり、意外と面倒で苦手…。そんなあなたにぴったりなのが『ぶんぶんチョッパー』だ。たったの8秒でみじん切りが完了!しかも電気を必要としない。ひとつ持っていると便利なこの商品を紹介しよう。

面倒なみじん切りがあっという間!?

均一に細かくしなければいけないみじん切り。調理シーンには欠かせない作業だが、これが億劫な人も多いはず。フードプロセッサーなどを使えば簡単に細かく出来るが、コンセントを繋いだり、キッチン台のスペースを取ったり…。そもそも、フードプロセッサーを取り出すのも面倒だったり。そういった便利アイテムをうまく使いこなせていない人もいるだろう。

46-1_edited-5

『ぶんぶんチョッパー』は小さく、電力を必要としないアナログ。しかし、このアナログ感が逆に使いやすく、なかなかの優れものである。

アナログだからこその使いやすさ!

46-1_edited-3

本体の重さは約198g。大きさは12.5×12.5×9㎝。片手で軽々と持ち上げられるサイズだ。

46-1_edited-1 46-1_edited-2

構造はフードプロセッサーと同じような造りで 蓋、刃がついている。

46-1_edited-13

蓋部分にあるハンドル部分を引っ張ることで、中の刃が回転。食材をカットすることが出来る。そうは言っても、手動のパワーは一体どのくらいなのだろうか?

もう涙はいらない!玉ねぎのみじん切り

46-1_edited-6

まずは定番の玉ねぎをカットしてみよう。玉ねぎと言えば、涙を流しながらみじん切りする人も多いはず。しかし『ぶんぶんチョッパー』を使えば、その心配もいらない。中に入れられる食材の量は、容器の半分くらいまで。それ以上にならないように注意。小玉ねぎだと1個分、中玉ねぎだと1/2個分くらいが目安。食材をおおまかにカットして容器に入れる。

46-2_edited-1
1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。