体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

母国と違う!アメリカ人が日本でヒッチハイクして感動したこと5選

ヒッチハイクで北は北海道から、南は沖縄まで旅したあるアメリカ人は言いました、「日本は世界で一番最高な国だ!」と。よくよく話を聞いてみると、外国人目線だからこそ見える日本の不思議と数々の魅力が彼の口からは溢れ出てきます。今回はとくに印象的だった感動したこと5つをご紹介したいと思います。

■あわせて読みたい
母国と違う!ドイツ人が日本で驚いたこと7選
母国と違う!アメリカ人が日本で驚いたこと10選~お日様の香りって何!?~
母国と違う!オーストラリア人が日本で驚いたこと3選〜朝食が豪華すぎる!〜
母国と違う!クロアチア人が日本で驚いたこと7選〜◯◯はCGじゃないの?〜

「世界で一番安全な国、日本!」

母国と違う!アメリカ人が日本でヒッチハイクして感動したこと5選
(C) Danny Yoder

アメリカでは過去のヒッチハイクを狙った犯罪事件などの影響を受けヒッチハイクが禁止となっている場所が多く存在します。法律で公式に「ヒッチハイク禁止」と禁止令を出している州もあるほどです。そんな中で日本は法律による禁止区域はありません。ましてや銃を持っているなんて心配をする必要もないので、ヒッチハイク旅をするには最適な国なようです。「良い人ばっかりだし、それに銃を持っている心配をしなくていいじゃない・・・」というのが本音だとか。

「世界で一番ご当地グルメの品揃えの豊富な国、日本!」

母国と違う!アメリカ人が日本でヒッチハイクして感動したこと5選
(C) 小島屋乳業製菓株式会社

日本でヒッチハイクする外国人が最もびっくりすることの一つに必ず挙がるのが、サービスエリアや道の駅のご当地グルメの豊富さです。特に北海道の中山峠の道の駅で食べられる揚げいもや、山口県の美東SAのふぐの唐揚げ、郷土料理の瓦そば、そして栃木県の上河内SA名物の餃子ドッグなどは大好評。さらに目をまん丸くしてびっくりしたものもあったと言います。それは茨城県の守谷SAにある納豆フラッペや、山梨県の谷村PAにある本わさびソフトクリームなどの仰天グルメ。日本人の私たちでもびっくりしてしまうものですが、外国人には驚きを通り越して感動してしまうような日本らしい品揃えのようです。

「世界で一番リラックスできる国、日本!」

母国と違う!アメリカ人が日本でヒッチハイクして感動したこと5選

ヒッチハイクは移動の連続。その中で旅の疲れを癒してくれるのは銭湯、温泉というのは日本人だけではないようです。入浴文化のあまりない外国人旅行者たちの「温泉は身も心もさっぱり出来て一石二鳥じゃないか!」という一言には頷けます。そして彼らにとっての旅の醍醐味の一つは、「旅をしながら現地の文化に触れる」こと。日本の文化に触れたいならまずは温泉、というのはあながち間違いではないかもしれません。

「世界で一番頑張り屋さんの国、日本!」

母国と違う!アメリカ人が日本でヒッチハイクして感動したこと5選
(C) Saya Meguro

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。