ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

25年前と現在の広島カープ どっちが強いかOB3人が議論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて、広島カープは赤ヘル軍団と呼ばれ怖れられた常勝球団だった。しかし、1991年、25年前の優勝以来優勝からは遠ざかっている。当時を知る、安仁屋宗八、達川光男、北別府学の3氏が、常勝時代のチームと現在の違い、かつてのファンと今のファンの気質の違いを語りあった。安仁屋氏は当時投手コーチで達川氏と北別府氏はバッテリーを組んでいた。

──カープが最後に優勝した25年前(1991年、山本浩二監督)、安仁屋さんは投手コーチで、達川さん、北別府さんは現役でした。今のチームは当時より強い?

安仁屋:いや、当時の方が上よ。佐々岡(真司)、川口(和久)、北別府がいた投手王国で、野手も正田(耕三)、野村謙二郎、山崎隆造と、みんな足が使えた。

達川:投手王国を支えたボクのリードも忘れんでね(笑い)。打つ方は今のほうが上じゃろうと思いますよ。当時は和製4番が月替わりで、江藤(智)、小早川(毅彦)、それに西田(真二)っちゅうこともありましたから。

──25年前は広島市民球場が本拠地でした。

達川:そら観客数だけは今のカープに完敗じゃね。一塁ベンチに西陽が差し込むビジター有利の珍しい球場じゃったが、もういつも閑古鳥だった。

北別府:当時は、強くてもお客さんが入らなかったんです。満員になるのは、マジックが一桁になってからでしたよね(苦笑)。

達川:勝って当たり前と思われとった時代ですわ。

安仁屋:ただ、球場に来ると応援は熱い。その分ヤジも凄い。あれはたまらん。

北別府:調子が悪いと真っ先にカープファンが、口撃してきますからね。新しいマツダスタジアムは応援団の席が遠くていい(笑い)。

──今の球場のほうが選手はやりやすそう?

安仁屋:今もダメな時は手厳しいけどね。ラジオの中継をしていると、マイクがヤジを拾う。続投させて打たれたら「なんで代えへんのや!」と怒るし、交代して打たれると「なんで代えたんや!」だから。どうしろっていうの(笑い)。

北別府:たしかに、市民球場はダッグアウトに屋根があって客席と遮断されていたけど、今は壁も何もないからヤジがモロに聞こえる。

達川:ただね、今年はピンチでも“代われ”の大合唱じゃなく、“頑張れ”コールが出たりする。やっぱり今のファンは温かいですよ。

──カープ女子も増えた。

安仁屋:うん。女性が来るようになった意味は大きいね。女子は球場に彼氏なんかも連れて来るから、ファンの数も年齢層も広がった。

 ファンが増えて変わったなと思うのはね、東京や大阪の試合の時も堂々とカープのユニフォームを来て街を歩いてるでしょ。昔は相手球場の便所でこっそり着替えてたからね(笑い)。

●あにや・そうはち/1944年、沖縄県生まれ。1964年に広島入団。広島に在籍した13年間で90勝をあげている。巨人戦に強く(通算34勝)、「巨人キラー」と呼ばれる。引退後は広島の一軍・二軍投手コーチ、二軍監督を歴任し、今年は春季キャンプで臨時投手コーチを務めた。

●たつかわ・みつお/1955年、広島県生まれ。1978年に広島入団。広島黄金時代の正捕手として活躍した。野村克也氏らが得意とした「ささやき戦術(打者にささやきかけ、集中力をそぐ戦術)」の使い手として有名。引退後は広島二軍監督を経て一軍監督を2年務めた。

●きたべっぷ・まなぶ/1957年、鹿児島県生まれ。1976年に広島入団。優れた制球力を武器に広島で213勝をあげる。最多勝2回、最優秀防御率1回のタイトルに輝き、沢村賞を2回受賞。コントロールのよさから「精密機械」と呼ばれた。引退後は広島の一軍投手コーチを務めた。

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

【関連記事】
【プロ野球コーチの役割】投手コーチ編 元捕手がなる例も
広島市民溺愛のカープうどん 2年前から「全部のせ」が登場
日本屈指の投手コーチW獲得 ソフトバンク「アリババ補強」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP