ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SEALDs・奥田氏と高校生未来会議・斎木氏の関係

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた。若者の政治意識を高めた「SEALDs」に続けとばかりに、新たな政治運動が始まっている。ノンフィクションライター、西谷格氏がレポートする。

 * * *
 新宿にある小川敏夫(民進党)の事務所前を歩いていたら、奥田愛基(24)に偶然出くわした。昨夏、安保法案成立の際に国会前でデモ活動を行った学生団体「SEALDs」の中心メンバーだ。今回の参院選でSEALDsは小川など野党の応援のため街頭に立っていた。

 奥田に話し掛けてみると、「僕、今日は体調悪いんですよ」とテンションが低い。連日の選挙応援の疲れが溜まっているようだ。

 だがその翌日、参院選の選挙戦最終日となった7月9日夜、新宿駅東南口に現れた彼は、道端で会ったときとは様子が違った。

「センキョニイコウ!」
「オガワトシオ!」

 右手人差し指を突き上げ、ラップ調の独特なリズムで候補者名を連呼。観衆が一つになり、一瞬で場の空気が熱を帯びた。結局、小川は辛うじて当選したものの、SEALDsの存在感は、昨年より明らかに薄まっていた。

 若者の政治参加は早くも停滞気味なのか。いや、「SEALDs=若者代表」という図式が当てはまらなくなっているだけかもしれない。いま、SEALDsとは違った主張や運動を展開する若者の政治団体が脚光を浴びている。

 参院選公示直後の6月末、渋谷駅前で若者の政治参加をテーマにしたイベントが行われた。そこで一番盛り上がったのが、奥田愛基と一般社団法人リビジョン代表・斎木陽平(24)の対談場面だ。この春、慶應大学院を修了した斎木はAO入試に特化した大学受験予備校「AO義塾」を慶應大学一年生の時に起業した経歴で知られる。だが、ここで言及したいのは「高校生未来会議」創設者としての顔である。

 高校生未来会議は、高校生を対象にした政治への参加意識を高めるイベントで、女子を対象にした「女子高校生未来会議」を含めればこれまで10回近く開催されてきた。デモではなく、あくまで勉強会。

 たとえば昨夏行われた「全国高校生未来会議」では100数十人の高校生がチームごとに政策を討議し、最優秀チームには内閣総理大臣賞が授与された。各党の国会議員や有識者を招き、地方創生をテーマに議論。模擬投票も行った。参加議員の顔ぶれは幅広く、与野党合わせて10政党の議員が協力している。

 斎木と奥田は同い年で、二人とも北九州市出身の同郷。AO入試で大学入学、「宇多田ヒカル好き」など共通点も多いが、思想やキャラは対照的と言える。

 渋谷のイベントでは、斎木が奥田の活動について「なんでそんなに頑張るの?」と聞くと、奥田は「だって俺も内閣総理大臣賞欲しかったもん」と皮肉っぽく混ぜ返す。 「お前、権力におもねるなよ」と斎木が返すと、奥田は「なんで権力におもねってるやつから言われなきゃなんないんだよ!」とうまく突き返していた。
 
 後日、代々木のAO義塾校舎で斎木に取材した。現れたのは長身のイケメンで、受け答えも慣れた様子だ。
 
 同団体については今年2月、東京新聞が安倍政権の応援隊のごとく報じたことがあった。記事には斎木は安倍首相と個人的関係が深く、会場に政府施設を使用していることをもって政権側や保守派がSEALDsの対抗策として支援しているのではないか、と綴られている。

 実際はどうなのか。

「高校生未来会議は政治的な主義主張を広めるものではありません。高校生に対して政治に興味を持ってもらう、主権者教育を行う場でもあるんです」

 では、安倍首相とはどういう関係があるのか。

「曽祖父の時代に斎木家から岸家に嫁いだ者がいて、遠戚になります。両親の結婚式にも晋三さんが来ていました」

 斎木の実家は明治時代から続く医者の家系で、祖父は安倍晋太郎の元後援会長。安倍昭恵夫人からは、食事に誘われる仲だという。こう聞けば、筋金入りの保守主義者と思ってしまいそうだが、必ずしもそうではない。

「自民党の憲法改正草案は、僕もおかしいと思っているんです。あんなものぶち上げて憲法改正と言われたら、それはちょっと……ってなりますよね」

 今年3月、「保育園落ちた日本死ね」というブログが話題になった際、斎木は自身のツイッターで「保育園落ちたの自業自得」とツイートして大炎上した。

「若い人が投票に行かないから、若者向けの政策が軽視されてしまう。それを訴えたかっただけ。批判されるのは織り込み済みですよ。大事なのは、若者も投票に行くべきという言説が広がることです」

 SEALDsが行うデモ活動については、どう思う?

「そういうのはやろうと思ったことないです。政治というのは、椅子と机のある場所でじっくりやるものだと思うので」

 実は奥田にも斎木についてどう思うかと尋ねていたが、奥田はこう言っていた。

「なんか面白い関係で、嫌いなんだけど話はできる。若い世代で政治的な発言をしていくのは大変だから、その悩みは共有している感じですね」

 不思議なライバル関係だ。

 実際に会うまではいけ好かない“意識高い系”を想像していたが、斎木の話を直接聞いてみると、なかなか謙虚で地に足も付いている。世渡りもうまそうだし女性にもモテそう。育ちの良さが全身からにじみ出ていて、私は少し憎らしくなった。(文中敬称略)

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
奇跡の美人姉妹・広瀬アリス&すず 制服姿に男子高生興奮
裸の首相 裸だと指摘する者はメディアでも子供でも黙らす
朝日内々定説登場したSEALDs代表「本当に入りたいのは産経」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP