ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「4つの生理周期」に合わせたスキンケア

  • ガジェット通信を≫


「生理中はどうも肌が敏感」というかたは多いと思います。ホルモン量変化により、生理周期ごとに、体調もお肌の調子も大きく揺れ動くものです。しかし、それぞれの周期に合わせたスキンケアを理解すれば、かなり快適に過ごせるようです。

今回は、生理周期に合わせたスキンケアについて、医師に話を聞いてみました。

4つの生理周期とは?

女性の生理周期は、ホルモンの変化によって大きく次の4つに分けられます。

1.月経期

生理中の時期は、女性ホルモンの「プロゲステロン」が減って冷えを感じることが多いほか、痛みに悩まされるかたも多いでしょう。お肌も敏感になり、くすんだり、いつもは使える化粧品にかぶれることもあります。

2.卵胞期

生理が終わって、排卵が起こる前の時期は「エストロゲン」が多く分泌され「プロゲステロン」は少なめの時期です。

この時期は、むくみも起こりにくく、体が軽く感じられ、お肌の血行や調子もよいことが多いでしょう。

3.排卵期

「プロゲステロン」が徐々に増加してくることによって、下腹部に違和感を感じたり、むくみなども徐々に起こりやすくなってきます。皮脂の分泌も増え、生活リズムや食事のバランスが乱れると、肌荒れを起こすことも。気を付けて過ごしていれば、まずまずの状態が保てそうです。

4.黄体期

いわゆる生理前の時期で「エストロゲン」が減少し「プロゲステロン」が増加する時期。月経前症候群(PMS)の時期としても知られ、肌荒れやむくみ、便秘やイライラなど、体調は全体的に低調な場合が多いと思います。「プロゲステロン」の作用により皮脂の分泌が増加し、ニキビもできやすくなり、お肌のコンディションは通常この4つの期の中でもっともよくない場合が多いでしょう。

1.月経期のスキンケア

月経期はお肌もくすみがちでかつ、いろいろな物質に敏感になりやすいことから、新しい化粧品やスキンケア用品を試すのはやめて、使い慣れたもの、あるいはデリケート肌に適したものを使用しましょう。

攻めのスキンケアには向かない時期ですが、ゆっくりお風呂を楽しんだり、優しく顔のマッサージをしたりするのはオススメできます。

2.卵胞期のスキンケア

体調もよく、新しいスキンケアやダイエットなども効果が出やすい時期なので、新しいことに挑戦するのもお勧めです。

他の時期ほど、お肌の状態に過敏になる必要は一般にない、ベストな時期といえるでしょう。

3.排卵期のスキンケア

不規則な生活を送ったりすると、お肌が脂っぽくなったり、吹き出物が出たりすることがありますが、気を付けて生活していれば、それほど肌荒れは多くはない、そこそこの時期です。

食生活に気をつけ、特にビタミンやミネラルの補給をこころがけましょう。

4.最も試練のとき、黄体期のスキンケア

この周期はお肌にとっても、最も試練の時期です。

敏感になりやすいので、新しい化粧品の使用はせず、ベーシックな、本当に肌に合ったものだけ使用するようにします。

気分転換に行った美容院でヘアカラーなどにかぶれることもありますから、お肌への刺激は最低限におさえ、静かに時期が過ぎるのを待ちましょう。

軽い運動も気分転換になります。

医師からのアドバイス

女性が長い期間付き合うことになる生理周期。過ごし方のコツを知ることで、肌の調子も整えて、快適に生活したいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

肌荒れが治らない…そんなときこそ肌以外のケアを!
生理前はダイエットに向いてない?生理周期とダイエットについて
妊娠中お肌トラブル。医師が教える【簡単肌荒れ対策】とは!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP