体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

寝るときの「姿勢」を意識するだけで、慢性的な症状は改善できる

日本人のおよそ5〜8%が、睡眠時間6時間以下のショートスリーパーだとか。「一日8時間」なんて長いこと言われ続けてきましたが、睡眠は長さよりも質、という声もあります。

さらには、「寝ているときの姿勢こそ重要」といった見解まで。あ、これアメリカ「LittleThings」でちょっと話題になっている、ライターPhil Mutz氏の記事なんですが、なんでも腰痛から胃もたれ、鼻炎まで。睡眠時の姿勢ひとつで解決できる!そうですが……。効果は実際に試して判断してください。

01.
腰痛のとき

寝るときの「姿勢」を意識するだけで、慢性的な症状は改善できる

腰痛持ちの人たちの最大の悩みが、この寝る時の姿勢。横になっても痛みが取れず、体勢がなかなか決まらないこともありますよね。

痛みを分散するうえで、最も効果的な姿勢を「WebMD」が紹介していました。曰く、仰向けで寝るときは、ひざの下に枕やクッションをあてがい、ひざが伸びきった状態にしないこと。また腰から背中にかけて(腰部湾曲)に丸めたバスタオルなどを挟んだ、このスタイルがいいそうです。

02.
肩こりがひどいとき

寝るときの「姿勢」を意識するだけで、慢性的な症状は改善できる

慢性的な肩こりに悩まされている人は、とにかく痛くない方の肩を下にすることを心がけましょう。

Women’s Health Magazine」がおすすめする解消法は、痛みのない(もしくは少ない)肩を下向きにし、さらにひざを軽く曲げた姿勢。このとき、ひざの間に枕やクッションを挟むといいそうです。両肩に痛みがあるとき?その場合は仰向けで。

03.
鼻水や鼻炎で困ったとき

寝るときの「姿勢」を意識するだけで、慢性的な症状は改善できる

鼻炎や鼻づまりの解消法は、寝るときの姿勢にかかっている。これが「Harvard Medical School」による結論です。単純に頭を高くして寝ること。水平もしくは頭が低くなると、どうしても鼻の奥へと鼻水が貯まってしまいます。

鼻がぐずぐずするような日は、枕をもう1つ増やしてみて。

04.
頭痛に悩まされるとき

寝るときの「姿勢」を意識するだけで、慢性的な症状は改善できる
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。