ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「抜け毛」の季節がやってくる!? 夏秋に抜け毛が増える5つの要因

  • ガジェット通信を≫


年間を通して「抜け毛」が増える季節をご存知ですか。それはまさに今の「夏」から「秋」にかけてと言われています。

なぜ夏・秋に抜け毛が増えるのか、その原因を探ってみると季節特有の「5つの要因」があらわれてきました。

そこで今回はこの「5つの要因」と「夏・秋の抜け毛対策」を医師の建部先生に解説していただきました。

夏・秋の季節に抜け毛になる要因1「汗」

気温の上がる夏~秋にかけて、頭皮もその気温上昇に応じて汗を出します。

水分である汗だけを分泌すると、頭皮が乾燥してしまい、フケが出やすくなるほか、乾燥による頭皮の肌荒れによってかゆみを感じやすくなります。

これが悪化してくると、頭皮が傷んで抜け毛となるので、それを防ぐため、汗とともに頭髪の毛穴からは皮脂が分泌されていますが、これが原因となって頭皮上では雑菌が繁殖しやすくなり、毛根に皮脂と一緒に蓄積して毛穴を詰まらせてしまいます。

この毛穴詰まりが抜け毛の原因となっているのです。夏・秋の季節に汗をかくと抜け毛が増える理由は毛穴詰まりなのです。

毛穴が詰まると毛根部の血行不良が生じ、髪が育ちにくくなり、栄養も運ばれてこないため毛が細くなり、毛根が弱って最終的に抜け落ちてしまいます。

汗自体が直接抜け毛を増やすような悪い成分を持っているわけではありませんが、間接的に抜け毛が起こりやすい環境を作ってしまうことが原因なのです。

夏・秋の季節に抜け毛になる要因2「エアコン・クーラー」

夏・秋はどうしてもエアコンで温度調節をせざるを得ない時期でもあります。

エアコンやクーラーの使用に際して最も問題となるのは、直接エアコンの風が頭皮にあたることによる乾燥と低温化です。

頭皮が乾燥するとフケが出やすくなるほか、乾燥による頭皮の肌荒れによってかゆみを感じやすくなります。 これが悪化してくると、頭皮が傷んで抜け毛となります。

さらに頭皮が低温化が加わると、毛根部の血行不良が生じるため発毛・育毛に必要な栄養も運ばれてこないため毛が細くなり、毛根が弱って最終的に抜け毛になります。

夏・秋の季節に抜け毛になる要因3「夏バテ・栄養不足」

夏・秋は気温の上昇とともにいわゆる「夏バテ」で、栄養摂取量が減ってしまいがちです。

この栄養摂取量が減ってしまう状態が長く続くと、まして頭髪は他の器官に比べて栄養が届く優先順位が低いため、 頭髪・頭皮に必要な栄養素がなかなか行き渡りません。

その結果、髪の毛の成長も滞り、やがては抜け毛となります。

この時期は、夏バテしやすい方は食べやすい食品を少しづつでも構わないのでバランスよく摂っていただく事が重要です。

特に、タンパク質・亜鉛・ビタミンB群、ビタミンCは減量中であっても摂取することで頭髪の抜け毛を防ぐ必要があります。

夏・秋の季節に抜け毛になる要因4「紫外線」

頭皮や頭髪は紫外線がさらされると、頭皮の細胞は自分自身を守るため活性酸素を発生させます。

一定量の紫外線の範囲ならば問題は無いのですが、さらされる量が多いと活性酸素の産生量も相対的に増えます。

そうなると、余剰となった活性酸素が頭皮の細胞や組織にダメージを与えた結果、頭髪の成長が停止し、抜け毛に繋がってゆきます。

夏・秋の季節に抜け毛になる要因5「季節の変わり目」

秋は夏に浴びた紫外線の髪(毛乳頭)への影響が時間差を生じて現れる時期ならびに、食習慣や睡眠不足、ストレスなど血行障害も影響も出てくる時期といわれています。

これらによって頭髪は抜けて落ちてしまうのですが、正常なヘアサイクル下でも、頭髪が頭皮に出てくるまでに約3カ月程度かかります。

さらに、加齢や頭髪によくない生活習慣を送っている人はヘアサイクルが乱れる傾向があるため、頭髪の成長にさらに時間を要します。

これらの複合的な要因によって、季節の変わり目に抜け毛の増加現象が出てくるのです。

夏・秋の季節の抜け毛対策・髪のケア

1年を通して夏から秋にかけての抜け毛が最も多いことはおわかりいただけたかと思います。

対策としては、適切な食生活、頭皮のケア、極端な頭皮の乾燥・低温化を防ぐ・疲労を溜めないといったことが挙げられます。

頭皮ケアに関しては、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系シャンプーを使用した1日1回の洗髪が望ましく、必要以上に何回も洗髪したり、逆に洗髪しない、といったことは避けるべきと考えます。

また紫外線の頭皮への影響(軽度の炎症)を心配される方は入浴後、育毛剤を利用した頭皮マッサージを行ってみるのも良い選択といえます。

医師からのアドバイス

私たち人間の頭部は重要臓器である脳を収容しこれを守っています。

これに付随する頭髪は、頭部の温度や湿度を出来るだけ一定にする他、紫外線・外的刺激から脳を保護し、体内に蓄積された有害物質も外に出すという重要な働きも担っています。

これを長らく維持するために普段の生活全般を気を付けていく必要があるようです。

(監修:医師 建部雄氏)

関連記事リンク(外部サイト)

大切な貴女の命を守って。「抜け毛」に悩む「女性」が増えている?
手軽に食べられる、髪によい食材ランキング!
最近髪質がかわった…それってハゲる前兆かも!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP