ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HoloLensやMagic LeapなどのMR技術を映画制作に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9日、『ウォークラフト』や『パシフィック・リム』を手がけたLegendary Entertainmentが、HoloLensを映像制作に導入する様子を写した動画が公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=k3rZkLXcQZU

HoloLensを用いた映画製作

2014年、Googleを始めとして5億ドルを超える資金調達を行ったことで話題となっているMagic Leapに、Legendaryもまた巨額の投資を行っています。
今年始めAlibabaの牽引した7億ドルにのぼる投資においても、Legendaryはかなりの出資を行いました。

そんなAR・MR技術へ関心の強いLegendary Entertainmentですが、8月9日にHoloLensを用いた新たな動画を公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=LqMyidGQPRQ

HoloLensはMicrosoftの開発しているARデバイスで、視界内にCGの映像を重ね合わせて表示することができます。

公開された動画では、CGキャラクターと人間が互いを認識しているかのように振る舞ったり、作成した3Dモデルをデスクにホログラムとして表示したりと、より現実と架空の世界を同じように扱っている様子が伺えます。

Microsoftはブログで、「HoloLensを用いることで、クリエイターは俳優とCGキャラクターをホログラムで同じように扱える。
俳優や小道具は赤外線カメラを用いてグリーンバック撮影をし、CGキャラクターもまたモーションキャプチャーと3Dデータからホログラム化できる」と述べています。

Magic Leapの続報と合わせて、映画産業の変化にも注目です。

https://www.youtube.com/watch?v=msscSBpE3yc

(参考)
UploadVR / Legendary Entertainment Bets Big On Mixed Reality With HoloLens and Magic Leap(英語)
http://uploadvr.com/legendary-hololens-magic/

※Mogura VRは米Upload VRのパートナーメディアです。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP