ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンクリック詐欺は無視!契約は成立していない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワンクリック詐欺被害に遭った際、最も適切な対処法は「無視」です。というのも、相手が「契約が成立した」と言い張っても法的に契約は成立しておらず、従って支払う義務は生じないからです。ワンクリック詐欺の仕組みと正しい対処法を見ていきましょう。

ワンクリック詐欺は無視するのが鉄則

インターネット上の取引に関する法律「電子消費者契約法」では、サイト事業者には、内容や料金といったサービスに関する説明を利用者がはっきりわかるように表示することを義務として定めています。

しかし、ワンクリック詐欺サイトはこれらの義務を全く果たしていません。当然契約は無効。利用者は、料金の支払いはおろかキャンセルの連絡さえする必要はありません。ワンクリック詐欺は無視が鉄則です。

また、ワンクリック詐欺サイトは利用者の「IPアドレス(接続情報)」「プロバイダ」「使用ブラウザ」「パソコンのOS」などを表示し、さもユーザーの個人情報を取得したかのように装います。

ワンクリック詐欺で情報は抜かれない

これに動じてはいけません。これらの情報はWebサイトを閲覧する時にパソコン端末が相手に自動送信している情報をオウム返しのように表示しているだけ。特別な技術が使われているわけではありません。

すなわち、ワンクリック詐欺では個人を特定できる特別な情報が抜かれていないといこと。氏名や住所、電話番号がバレているのでは?などと心配する必要は全くないのです。

むしろ、絶対にやっていけないのは詐欺サイトに連絡すること。そのやり取りで個人情報が奪われてしまう可能性が高いだけでなく、いいカモとしてさらに脅しが続けられてしまいます。とにかくワンクリック詐欺は無視しましょう。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ
パスワード表示ソフトでアカウント情報が丸見え
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。