ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に『スター・ウォーズ』のキャラクターがカメオ出演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタばれ注意

映画『スター・ウォーズ』に出演したあるキャラクターが、同シリーズのスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場することが明らかになった。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に出演した、ベイル・オーガナ元老院議員役のジミー・スミッツが、米テレビ局CBSの番組『The Talk(原題)』で、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場することを認めた。

スミッツは笑いながら、「カメオ出演と言ったら良いかな。脇役とも言えるかもしれない」と、語った。

『スター・ウォーズ』のファンならば知っているように、ベイル・オーガナは、レイア姫の養父である。デス・スターが惑星オルデランを爆破し、オーガナが映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で亡くなることも知られている。しかしながら、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より前に起こる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』では、スミッツの役は最期を迎えておらず、おそらく、残りの反乱同盟軍と共に働いている。

スミッツがオーガナの役で『スター・ウォーズ』に戻ってくるのは、これが初めてではない。スミッツは、2008年のビデオゲーム『スター・ウォーズ フォース・アンリーシュド』では声優を担当した。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場する古き良き『スター・ウォーズ』のキャラクターは、ベイル・オーガナだけではない。今年の早々には、ダース・ベイダーという大物が登場することも確定している。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP