体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

変わり種もんじゃが食べられる! 荒川区のソウルフードを盛り上げる「第一回 荒川もんじゃ×ハイサワー祭り」開催!

f:id:Meshi2_Writer:20160810173202j:plain

突然ですが「もんじゃ」って好きですか?

「おいらは東京の下町生まれで、子供の頃から駄菓子屋でおやつ代わりに食べてたよ」なんて方にはとてもなじみのあるメニューだと思うんですが、そういう人って、日本全体で見るとかなりの少数派ですよね?

その他多くのみなさんは「なんだか食べ方が難しそう」「うまく土手が作れないと気難しい女将さんにぶん殴られそう」といったイメージをお持ちのことと思います。

もちろん僕もそのひとりで、興味はあるけど初心者だけでお店に行くのはちょっと怖い。

ところで現在、荒川区にある9店舗のもんじゃ屋さんが協力し「第一回 荒川もんじゃ×ハイサワー祭り」というイベントが開催中です(期間:8/3~8/31)。

なんでも、それぞれのお店で、 ホルモンもんじゃ 餃子もんじゃ ラー油もんじゃ 赤黒もんじゃ ゴーヤもんじゃチャンプル風 コンビーフ・ガーリックチップもんじゃ グリーンカレーもんじゃ 梅干しもんじゃ カニグラタンもんじゃ

といった変わり種もんじゃが食べられるとのこと。

何それ!? 全部食べてみたい!

もはや怖いなんて言ってる場合じゃない!

そこで今回は、上記のイベントに参加されているお店に実際におじゃまし、プロフェッショナルの皆様からお話を伺って、もんじゃへの苦手意識を克服しつつ、絶品もんじゃを堪能しまくってきました!

この記事を読めば、誰もがもんじゃを何倍も楽しめるようになること間違いなし!

それではいってみましょう~。

あらかわもんじゃ学研究会とは

f:id:Meshi2_Writer:20160810171240j:plain

バーン!

と、いきなり登場してくださったこちらの方、「あらかわもんじゃ学研究会」会長の鵜飼さん。

なんと今回は、あらかわもんじゃ文化に大変精通する、鵜飼さんにお話を伺いつつ、実際にもんじゃを味わってしまおうという、大変贅沢な趣旨となっております。

というわけで、はやる気持ちをおさえつつ、まずはあらかわもんじゃについてや、今回のイベントについてのお話を伺いたいと思います。

──あらかわもんじゃ学研究会」とはどんな団体なんですか?

そもそもは単なる「荒川のもんじゃ好きが集まる会」だったんです。以前そのメンバーで話していて、「どうにかしてもっと荒川区をPRできないか?」というテーマになったことがあって、「荒川区といえば何?」と聞かれた時に、自分が生まれ育った街のことなのに、即答できないと気付いたんですね。(鵜飼さん)

──もんじゃを食べながらそういう議論をされていたわけですね(笑)。

まさにそうなんです! しばらくしてから「あ、そういえばこれがあるじゃん!」って(笑)。もともと荒川区って、当たり前のようにもんじゃ文化が根付いていたんですよ。これを広く世間に伝えていけば、いろんな人がここに来て、少しでも荒川区を好きになってくれるんじゃないかって。

──あらかわもんじゃの具体的な特徴はどのようなものですか?

実はある種ガラパゴス的な進化をとげていて、提供しているお店はたくさんあるんですが、お店どうしの横のつながりというものがあまりないまま発展してきたんです。だから、店主さんの人生がそのまま表れている。韓国風や中華風もあるし、若いお店なら若い感性が爆発しています。月島のもんじゃのように土手や焼き方にこだわる様式美のようなものはないですが、逆にいうとものすごく自由。決まりごとなんてないし、なんなら土手を作らず、生地と具材を一気に鉄板に流し込んでしまったっていい。お客さんが思うように、好きに食べていいんです!

──なるほど! それを聞いて少しほっとしました。そういった活動のための団体が「あらかわもんじゃ学研究会」というわけですね。これまでの活動内容は?

まず、荒川区内約60店舗ほどのもんじゃ屋さんを掲載した「あらかわもんじゃまっぷ」を発行しました。他にも「もんじゃのふるさと あらかわ」というのぼりを作成したり、協力店舗に3回来店することで、オリジナルのはがし(ヘラ)がもらえるスタンプラリーを開催したりもしました。まだまだ始まったばかりですが、自分たちで行動を起こすことで「一緒にこんなことをやりませんか?」と、各所からご提案を頂けたりもするようになって。

──その一環が、今回の「第一回 荒川もんじゃ×ハイサワー祭り」というわけですね。

はい。今回のコラボレーション企画も偶然のつながりから実現したのですが、ハイサワーで有名な博水社さんは本当に懐の深い会社で、私たちのような小さな団体の活動もおもしろがってくださり、本当にありがたく思っています。

──今回の企画は、具体的にはどのような内容なのでしょう?

あらかわもんじゃとハイサワーのコラボということで、9店のもんじゃ屋さんが、それぞれのお店のメニューから「ハイサワーに合うオリジナルもんじゃ」を推薦してくれました。ご覧の通り、全てちょっと変化球のメニューで、食べ歩いても楽しいラインナップになっています。それを受け、今度は博水社さんが「もんじゃに合うハイサワー」としてご提案してれたのが、「荒川ハイサワー」。実は荒川区の都電荒川線沿線はバラの咲き誇る美しい景観が有名で、赤いバラをイメージし、赤しそのエキスを使ったこのサワーをご提案してくださいました。味も、鉄板料理の油っこさをさっぱりと中和してくれて、とてもマッチするんですよね。

──想像しただけで喉が鳴ります!

それらをイベント限定のセットとして各お店で提供していますので、ぜひ味わってみてください!

1軒目は南千住「もん鉄」へ

「は、はい〜!」というわけで、鵜飼さんと一緒にやって来たのが、南千住の「もん鉄」さん。「もん鉄」さんを選んだ理由は、個人的に「コンビーフ・ガーリックチップもんじゃ」がどうしても食べてみたかったから。

だって「コンビーフ・ガーリックチップもんじゃ」、字面からして最高に違いないじゃないですか……。

f:id:Meshi2_Writer:20160810171352j:plain

店内の壁には、

f:id:Meshi2_Writer:20160810171402j:plain

かわいらしいイラストと美味しそうなメニューの数々。なんだかいきなりイメージがくつがえされてしまう楽しげな雰囲気です。

f:id:Meshi2_Writer:20160810171412j:plain
1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。