ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全米のスペシャリティフードを厳選したオンラインマーケットプレイス「Mouth」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ニューヨーク市ブルックリンは、近年、アーティストやデザイナー、ミュージシャンなど、感度の高いクリエイティブな人材が多く移り住み、活気にあふれるカルチャー発信拠点として人気を集めてきた。

日本でも話題のチョコレートブランド「MAST BROTHERS CHOCOLATE(マストブラザーズチョコレート)」や地ビール「ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewary)」など、食にまつわる多くのムーブメントも、この地から生まれている。

・全米のスペシャリティフードを厳選したマーケットプレイス

米ブルックリンで2012年に創設された「Mouth(マウス)」は、米国各地に点在する中小規模の独立系食品メーカーと消費者をつなぐオンラインマーケットプレイスだ。

「Mouth」では、素材選びから加工プロセス、パッケージデザインに至るまで、米国内で丁寧につくられた品質の高い“スペシャリティフード”を、専門家の視点で厳選。

スナック菓子、ピクルス、ジャム、ソース、コーヒー、ワインなど、多様なプロダクトを取り扱い、オンラインで販売している。

・スペシャリティフード市場が米国で拡大中

スペシャリティフード協会(SFA)によると、2015年に米国で販売されたスペシャリティフードの金額規模は1205億ドル(約12.2兆円)で、2013年から21.2%拡大した。

「Mouth」は、販売ルートや販売地域が制約されがちな中小規模の食品メーカーに貴重な販売チャネルを提供するとともに、一般的なスーパーでは入手できない、ユニークで美味しい食やドリンクとの出会いを米国中の消費者にもたらしている点が秀逸だ。

Mouth

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP