ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴビ砂漠マラソンで出会った「ランナーとのら犬」が感動的ゴール!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゴビ砂漠で開催されている「Gobi March」は、灼熱の砂漠を250キロメートル走りきる苛酷なレース。

ですが、ある選手のあとをおよそ150キロもついてきた一匹ののら犬がいたんですって!

ゴビ砂漠の苛酷な環境を、
走ってついてきた!?

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

レース初日、どこからかのら犬が現れ、スコットランド人のディオン・レオナルド選手のあとをついてき始めました。2日目の朝にはしっかりとスタートラインに立っていたそう。

「横にいて、見上げてくるんだ。一緒に走る?ってな具合にね。でも、そんなに長くついてくるとは思ってなかった。どこまでついてこれるのかなと考えていた」。

と、「The Washington Post」に語った彼。のら犬の名前は「ゴビ」に決まり。それから砂漠を並んで37キロメートルもの距離を走っては、テントで身を寄せて一緒に寝るようになりました。他の選手と比べても、彼女の走りは随分慣れたものだったとか。

次第に生まれてくる“情”

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

「一日中くっついてくるよ」。

と彼。特別なことをしたわけではなかったけれど、不思議なことに、ほかの選手には目もくれません。

3日目には彼女を抱えて、下半身が浸かるくらいの深さがある20メートル近くの川をいくつか渡りました。競技に参加している身としてはそんなことをしている時間はなし。だけれど、その頃には情がわいてしまい、彼女を置いてレースを続けることができなくなっていたと「BBC」に語っています。

もう独りにはさせられない!

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

気温52度にも及ぶ苛酷な環境だったため、途中からは大会主催者の判断でゴビはステージ4と5を離脱、ゴールでレオナルド選手を待つことになりました。

「5日目は、80キロメートルある。熱くて疲労も限界だった。彼女のしっぽを振る姿を見た時は、素晴らしい気分だったね」。

ちなみに、結果は2位。すごい!

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

大会が終わっても離れ離れになりたくないという思いは変わらず。彼は自国に彼女を連れて帰ることにしました。検査や申請などには6,500ドル(約65万円)もの費用が必要でしたが、興奮の熱冷めやらぬ当日のうちに自身のウイスキーコレクションも売却、クラウドファンディングで資金を募りました。

幸運にも必要以上の金額が集まったため、およそ4ヶ月ほどで彼女は移住できる予定。いまは友人宅に預けられています。余ったお金は動物愛護団体などに寄付されるそう。

NZ Herald」によると、レオナルド選手の奥さんはちょっと心配してるみたい。自宅で飼っている猫たちと彼女が、いい姉妹関係を築けるかどうかが心配なんだとか。なんとも微笑ましい悩みです。

移住する頃にはちょうどクリスマス。また一緒に新生活のスタートを切るまで、もう少しだけの辛抱ですね。

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

Top Photo by 4Deserts.com / Omni Cai
Reference:The Washington Post,BBC,Independent,NZ Herald
Licensed material used with permission by Bring Gobi Home,(Facebook)

関連記事リンク(外部サイト)

余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
【パパ共感!】息子が生まれたら、絶対に伝えたい「10のコト」
犬とあなたの健康にまつわる、12の素敵な関係

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP