体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「捨てるはずのもの」でつくった、意外すぎる廃棄物リサイクル【まとめ6選】

世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。

ここでは、ファッショナブルなものから斬新なものまで、クリエイターたちによって実現した、驚きのリサイクルアイデアを紹介しましょう。

01.
飛行機のシートカバーが
「旅するバッグ」に

「捨てるはずのもの」でつくった、意外すぎる廃棄物リサイクル【まとめ6選】

廃棄されるはずだった飛行機のシートカバーから作られたのは、なんとバッグ。その名も「PLANE」。現在6種類のラインナップがあり、素材を活かしたファッショナブルなデザインは、幅広いシーンに使えます。

くすぐられるポイントは、それぞれが世界中を旅してきた素材であるということ。このバッグを連れて、新たな旅を始めてみては?
「捨てるはずのもの」でつくった、意外すぎる廃棄物リサイクル【まとめ6選】

→詳しい記事はこちらから。

02.
オーストラリアの
「古い標識」が反射板に?

「捨てるはずのもの」でつくった、意外すぎる廃棄物リサイクル【まとめ6選】

日本に比べるとサイクリストたちの意識がちょっと高めなオーストラリアでつくられている、環境に配慮した反射板。

付け方は、スポークにつけたり、ゴムバンドでフレームにくくりつけたりと様々。

素材の93%は交通標識をカットしたものなので、反射効果もお墨付きです。

→詳しい記事はこちらから。

03.
「食品廃棄ゴミ」をつかった
衝撃のクラフトビールとは

「捨てるはずのもの」でつくった、意外すぎる廃棄物リサイクル【まとめ6選】

クラフトビールメーカー「Northern Monk Brewery」と「The Real Junk Food Project(TRJFP)」がタッグを組んで生み出したのが、この一見普通のビール。

でもじつは、ボトルにラベリングされた「WASTED」から読み取れるように、原料は「廃棄処理されるはずだった食べ物」なんだとか。

食品ロス削減を目指してつくられたエコなクラフトビールは、今後トレンドにもなりそうな予感。そのお味が気になるところです…。

→詳しい記事はこちらから。

04.
「デニム」をアイウェアに。
環境とファッションを
つなぐ取り組みが話題

「捨てるはずのもの」でつくった、意外すぎる廃棄物リサイクル【まとめ6選】
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。