ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何となくだるいのはもしかしたら“冷房病”かもしれない!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏も本番! 旅行やレジャーで楽しいはずの季節なのに、何だか体がだるい、食欲がない。そんな症状があったら、冷房病かもしれません。今やクーラーは必須アイテムですが、冷房の効きすぎた部屋に長時間いるのは体にとってあまりいいことではないのです。

“冷房病”って何? “冷房病”が起こるメカニズムは?

冷房病は、クーラーが原因で起こる自律神経の乱れです。クーラーの効きすぎた部屋に長時間いることは冷房病の原因となりますが、暑い戸外とクーラーが効いた部屋を頻繁に出たり入ったりすることも冷房病の原因となります。人は、暑いところでは汗をかき、体温の調節をします。涼しい部屋ではその必要がないので、血管は収縮します。ところがいったん戸外に出ると、暑さで血管は拡張し汗をかきます。室内と戸外の温度差が5℃程度までなら、それほど体に負担を与えることなく調整できますが、それ以上になると調整が追い付かず自律神経に乱れが出てしまいます。

もしかしたら“冷房病”? どんな症状が出るの?

冷房病はいろいろな症状が現れます。単なる夏バテかな? と思っていた方も、もしかしたらクーラーが原因の症状かもしれません。冷房病の主な症状には次のようなものがあります。

・だるさ、食欲不振
・頭痛、肩こり、神経痛
・腹痛、下痢
・寝つきが悪い、朝起きられない

クーラーが効きすぎた部屋にいることで血行不良になれば、頭痛や肩こりが起こってしまいます。また、自律神経が乱れることで就寝と起床の切り替えがうまくいかなくなります。日本では四季による気候の違いがはっきりしているため、体は自然とその変化に合わせるようになっています。本来なら、暑くて汗をかくべき季節に汗をかけないのも不調の原因となります。自律神経はいったん乱れてしまうと、正常に戻るのはたいへんなのです。

“冷房病”になってしまったらどうすればいい?

冷房病かなと思ったら、すぐに生活習慣を見直して冷房病から脱しましょう。そもそもクーラーの効き過ぎが原因なので、自分で温度調整ができるのであれば28℃程度に設定します。その上で、ひざ掛けを使ったり、首にストールを巻いて体を冷やさないようにします。血行不良を改善するためには運動が効果的です。簡単なストレッチやマッサージでも構いません。できるだけ血流を促進させるようにしましょう。お風呂はシャワーで済ませるのではなく、きちんと湯船に浸かって。体を温めると同時にしっかり汗をかくことで、自律神経は少しずつ整ってきます。朝起きたら、少し体を動かすようにすれば、朝晩のリズムを整えることができます。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。