体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

皆さんは知っていますか?今、ウクライナでは何がどうなっているのか 

Photo credit:新田浩之「教会と碑石が多い街、ウクライナの首都キエフ」

Photo credit:新田浩之「教会と碑石が多い街、ウクライナの首都キエフ

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

「ウクライナ」と聞くと、2013年11月末に起きたデモを思い出す方も多いでしょう。なぜ、あのようなことが起きたのか。今のウクライナに住んでいる人々の暮らしはどうなのか。案外知られていないと思います。

そこで今回は、ウクライナの「今」を紹介したいと思います。私は2015年の12月にキエフを訪れました。

そもそもウクライナで何が起きたのか

そもそもウクライナで何が起きたのか、イマイチ分かっていない方も多いのではないでしょうか。全てを解説すると一冊の本になるほどの内容なので、ここではなるべく簡単に解説したいと思います。

発端は2013年11月29日、ウクライナのヤヌコーヴィチ大統領がEUとの連合協定の調印を見送ったところからスタートしました。ウクライナはEUには加盟しておらず、現在の状況ではEUに加盟申請することもできません。それでもEU側はウクライナとの協力関係を強化しようと考えましたが、様々な理由からヤヌコーヴィチ大統領は調印を見送ったのです。

「ヨーロッパへの扉が閉ざされた」

そう感じたウクライナの人々は大統領の退陣を求めてマイダーンでデモを開始。この頃から、マスコミがウクライナに注目し始めたのです。2014年の2月頃からデモ隊と警察側で激しい衝突に発展。このあたりからデモ隊には過激な右派活動家が目立つようになりました。

2014年2月22日、ヤヌコーヴィチ大統領が退陣し暫定政権が樹立。これで状況が落ち着くかと思われました。

しかし、東部に住んでいるロシア系住民が暫定政権を危険視したのです。事実、暫定政権はロシア語を公用語から外すことを決定。ロシア系住民が不安を募らせたのも無理はありません。同じくロシア系住民が多く住むクリミア半島では、あれよあれよという間にロシアが「占領」。2014年3月16日、クリミア半島はロシア連邦への「編入」が決まりました。

ウクライナ東部の一部ではロシア系住民により「独立」が宣言され、このあたりから東部にてウクライナ政府と東部の「共和国」との泥沼の紛争に発展したのです。 

現在、東部では「停戦」が実現し、極右も大きく議席を減らしたので落ち着きを取り戻しつつあります。しかし問題は山積み。予断は許されない状況です。
Photo credit:calflier001 via Flickr CC

Photo credit:calflier001 via Flickr CC

地下鉄で見たウクライナ社会の変化

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。