ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島はCSに弱いとの指摘にOBが反論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 25年ぶりのリーグ優勝が現実的になってきた2016年の広島カープ。25年前の優勝を知るOB3人、安仁屋宗八、達川光男、北別府学の3氏が、「CSに弱い」「11.5ゲーム差をひっくり返された長嶋巨人によるメークドラマ(1996年)の再来はあるのか」などについて語りあった。

──達川さんは元キャッチャーとして投手陣をどう見ますか。

達川:配球が変わったね。今年から急にインサイドを使うようになった。ボクらの現役時代には、インサイドを2割くらい使えと言われたもんじゃけど、今は5割くらいに思える。特に中崎(翔太、19セーブ、防御率1.50/8月3日終了時点)はストッパーなのにインサイドをバンバン突く。それでも抑えよる。

安仁屋:ぶつけたらどうしようと思ったら、インコースはよう投げんからね。怖がって投げると甘くなって打たれるし。

達川:カープの投手陣は遠慮せずに、勝負に徹している。キャッチャーが後で安仁屋さんに叱られるのを怖がってるんですかね。安仁屋さんがコーチだった時代のミーティングは「今日はインコース攻め。はい、終わり」じゃったけえね(笑い)。

──安仁屋イズムも浸透し、戦力は充実。それでも、まだ安心はできませんか?

北別府:強いて心配な点を挙げるとするなら、クローザーの中崎を使い過ぎかなというところかな。中崎は強引に抑え込むタイプではなくて、球のキレでかわすタイプ。少しスピードがなくなると打ち込まれる不安があるんですよ。

達川:ストッパーはかつての津田恒実、小林誠二、大野豊もそうだったけど、スピードが落ちれば打たれる。

──やはり、優勝を断言するのは難しい?

安仁屋:うーん、毎朝の散歩すれ違う人がみんな「今年は優勝ですね」と言ってくれるんです。でも、「まだ分からんですよ」と答えている(笑い)。腹の中では“優勝”と思ってはいても、口には出せない。やっぱり巨人との直接対決が10試合、残っているしね。

──日本一への道のりを考えると、広島はCS(クライマックスシリーズ)に弱いという指摘もある(2度出場して優勝なし)。

北別府:それは3位でCSに進出してきたから。1位で出て、マツダスタジアムで試合をしたら違っていたと思いますよ。

達川:本拠地では強い。交流戦も、ソフトバンクや西武を広島に迎えた9試合で7勝1分1敗。今年の日本シリーズはセ・リーグ優勝チームの本拠地で4試合やるし、期待できますよ。パの選手に聞くとね、マツダでのプレーは、慣れるのには時間がかかるんだそうです。特にナイターの第1打席では西陽でバックスクリーンが光って球がよう見えない。一方、広島の選手はそれに慣れとるからね。

 いずれにせよ緒方監督も相当勉強したと思うし、今年は故障者が出ても代わりの若手が出てくる運もある。

安仁屋:そうそう、優勝する時はそんなものよ。エルドレッドがダメでもルナがよくやっているし、岩本(貴裕)なんて、一軍に昇格していきなり3打数3安打(7月8日阪神戦)だものね。

達川:緒方(孝市)監督と二軍の水本(勝己)監督は同級生だし、同じ三村(敏之)監督の門下生。連絡を密にとっているから、上と下の連携がええんよ。

北別府:そうなると(三村監督時代の)メークドラマの再現があり得ることも……。

安仁屋:いやいや、12球団で今シーズン3連敗していないのはカープだけ(8月3日時点)。7月最後の巨人戦でも、二軍から帰ってきたばかりの福井(優也)が先発。心配もしたが完封リレーで3連敗阻止。これは大きかった。

達川:ボクも同感。優勝したら、秋にまた3人で集まることにしましょうや。

●あにや・そうはち/1944年、沖縄県生まれ。1964年に広島入団。広島に在籍した13年間で90勝をあげている。巨人戦に強く(通算34勝)、「巨
人キラー」と呼ばれる。引退後は広島の一軍・二軍投手コーチ、二軍監督を歴任し、今年は春季キャンプで臨時投手コーチを務めた。

●たつかわ・みつお/1955年、広島県生まれ。1978年に広島入団。広島黄金時代の正捕手として活躍した。野村克也氏らが得意とした「ささやき戦術(打者にささやきかけ、集中力をそぐ戦術)」の使い手として有名。引退後は広島二軍監督を経て一軍監督を2年務めた。

●きたべっぷ・まなぶ/1957年、鹿児島県生まれ。1976年に広島入団。優れた制球力を武器に広島で213勝をあげる。最多勝2回、最優秀防御率1回のタイトルに輝き、沢村賞を2回受賞。コントロールのよさから「精密機械」と呼ばれた。引退後は広島の一軍投手コーチを務めた。

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

【関連記事】
開幕前広島1位予想のOB3人 マエケン流出がプラスに働いた
CS出場狙う広島・野村監督 3位争い正念場で勝っても笑顔なし
黒田復帰の広島 地元企業株上昇でクロダノミクスと呼ばれる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP