ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スイス旅行者は必見! 空港直近で半日ハイキングできるよ! トランジットでもOK

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツやフランス、イタリアやオーストリアなどに囲まれたスイスは、欧州周遊旅行のトランジットでも立ち寄りやすい国。「スイスに来たからにはハイキングしたい!」…そんな方に朗報です。

・チューリッヒ国際空港で荷物を預けましょう
日本からの直行便はもちろん、近隣諸国の航空会社からも多く就航するチューリッヒ国際空港(Flughafen Zürich)。ここから鉄道に乗車し約40分(1回乗換え)で、半日ハイキングができるスポットへ行けることをご存知ですか?

空港に着いたら、まずは1階にある荷物預け所(Left luggage services)あるいはロッカーへ。たとえばスーツケース一つなら12時間CHF9で預けられ、支払いはスイスフランはもちろん、ユーロやクレジットカードでも可能。身軽になったところで、さっそく標識に従ってスイス国鉄駅(Zürich Flughafen)へ。



・空港から約40分! 海抜871mのスタート地点に到着
インターシティ鉄道(IC)に乗車し約10分で、チューリッヒ中心部(Zürich HB)に到着。そこでホームを移動し、Sバーン鉄道に乗換えて約20分(1時間に3本運行)。

チューリッヒ西側にそびえる山・ユートリベルク(Uetliberg)が、半日ハイキングのスタート地点です。鉄道駅から林道を歩いて、山頂へ向かいましょう。





なんとも奇抜? な外灯や生い茂る緑を横目に進むと、一軒のホテルレストランや二つの塔が見えてきます。これらの塔はテレビ塔と展望塔。

展望塔を上れば、眼下にはチューリッヒ市街や湖の大パノラマ。目線をあげればスイスアルプスが悠然とそびえています。晴天時には、チューリッヒの大聖堂や聖母聖堂のシルエットもくっきり見えますよ。う~~、爽快!!!



・楽しみ方は旅のスケジュールに合わせて
眺望を満喫したら、そのあとは自分の旅程次第。時間に余裕があるならば、スローハイキングがおすすめです。ユートリベルクからフェルセネック(Felsenegg)までのコース(所要約1時間30分)は、道幅が広く歩きやすくて地元の散歩客も多いコースです。

ロープウェイでアドリスビール(Adliswil)という町に下れば、チューリッヒ中心部までSバーン鉄道が運行しています。都市部へ23分ほどで戻れます。




もしも時間が無ければ、頂上のレストランでゆっくり食事をしてから、行きと同じ経路で都市部へ戻るのもひとつ。

スイスに来たからには展望台やハイキングまで、欲ばって楽しみましょう。

もっと詳しく読む: スイス旅行者は必見! 空港直近で半日ハイキングできるよ(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/08/11/halfdayhiking/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP