体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるでUFO!?三重の木津呂集落が不思議すぎ!ミステリアス熊野の旅

まるでUFO!?三重の木津呂集落が不思議すぎ!ミステリアス熊野の旅 木津呂1

三重県、熊野。険しい山々に囲まれた真ん中にぽっかり馬の蹄鉄のような地形の集落を発見!

まるでUFOの隠れ家のような雰囲気ですが、ちゃんと人が生活している木津呂地区です。

今回はこの木津呂の集落をスタートとする、絶景ドライブコースを作ってみました!

木津呂を見た後は、トロッコで温泉へ。

懐かしさを感じる千枚田、世界遺産に登録された巨石の御神体、熊野の名所獅子岩、鬼ヶ城まで、どれもすごい景色が見える体験ばかり。

三重の秘境で景色に癒される旅に出かけませんか?

<おすすめドライブコース>

木津路

↓車で35分

湯本山荘 湯ノ口温泉

↓車で35分

丸山千枚田

↓車で35分

花の窟

↓車で1分

獅子岩

↓車で5分

鬼ヶ城

木津呂

神がこもる地に、謎めくサークル。

木津呂1木津呂2

木津呂側の川原から見ても、こんもりとしているが丸さがわかります

UFOの隠れ家。そう呼ばれる場所を熊野に発見。

険しい山々に囲まれた真ん中にぽっかり馬の蹄鉄のような地形。

そして山脈から地に流れるように連なる地形は、風水では「龍穴」と言われ、気のたまるポイントで強いパワーが得られるといいます。

神話の昔から紀伊山地は神々が住む世界と伝わることもあり、木津呂には何かしらメッセージが隠されていると思わずにはいられません。

この形を造り上げた匠は、日本でも有数の多雨地帯・大台ケ原を源流域とした北山川。

匠の技は、豪雨と急流により削られた深い渓谷の瀞峡(どろきょう)でも知られ、荒々しい美的感性に優れています。

元々、北山川の上流では林業が盛んで、伐採した木材を筏に組んで新宮川へと流して運搬していたそう。

木津呂には筏流しの筏師たちが住んでいたといわれています。

今では14世帯16名。活気ある声は消えてしまいましたが、その美しき形は守り続けられています。

<山の上から見るには…>

木津呂のこの景色は和歌山県側から往復4時間の登山の上、案内板もないのでツアーに参加することが必要です。

夏場は熱中症の危険があるため、どうしても見たい人は秋まで待つのがベター。

TEL/050-7001-5299(嶋津観光協会/和歌山県新宮市熊野川町嶋津57犬小屋内/詳細はHP参照)

「嶋津観光協会」の詳細はこちら 木津呂(きづろ)

TEL/0597-89-0100(熊野市観光協会)

住所/三重県熊野市紀和町木津呂

アクセス/車:熊野尾鷲道路熊野大泊ICより1時間

駐車場/なし

湯元山荘 湯ノ口温泉

湯ノ口温泉トロッコ

入鹿温泉 ホテル瀞流荘とつながる約1㎞のトンネルはトロッコ、またはレールマウンテンバイクで移動

熊野の秘湯として人気の温泉。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。