体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スーパー・ササダンゴ・マシンさんに聞く! 周りを引き込むパワポの作り方

スーパー・ササダンゴ・マシンさんに聞く! 周りを引き込むパワポの作り方 スーパー・ササダンゴ・マシン_プレゼン1 スーパー・ササダンゴ・マシン_プレゼン1

「煽りパワポ」なるプレゼンパフォーマンスの存在をご存じでしょうか。ネット上で話題を集める煽りパワポとは、覆面レスラーのスーパー・ササダンゴ・マシンさん(以下、ササダンゴさん)が、試合前にプレゼンし、対戦相手を煽るというもの。

本来、プロレスにおける対戦相手への「煽り」は、リング上のマイクパフォーマンスやVTRで行われますが、ササダンゴさんはそれを入念に作り込んだパワポで行うのです。2014年6月29日に開催された「DDT後楽園ホール大会」での煽りパワポは、YouTube(※1)での再生回数が32万回を突破。観客を大爆笑させるだけではなく、ひと目で伝わる図やイラストで、説得力(?)も抜群でした。

 

※1 参考:2014年6月29日DDT後楽園ホール大会「スーパーササダンゴマシン 煽りパワポ」

社会人向けにDVD『スーパー・ササダンゴ・マシンによるコミュ障サラリーマンのためのプレゼン講座』を発売するなど、プレゼンが得意技というササダンゴさんですが、実はこの春、新潟大学大学院技術経営研究科を卒業されました。学業とプロレスを両立させながら、数々のプレゼンを行ってきたササダンゴさんに、「聞き手を引き込むパワポ資料の作り方」を伺いました。学生のみなさんもゼミのプレゼンの参考にしてみてくださいね。

 

A4用紙1枚にざっくり構成を書き出してみる

スーパー・ササダンゴ・マシン_プレゼン5

──プレゼンでキモになるのはパワポ資料。作り始める前に事前準備としてやっていることを教えてください。

ササダンゴさん(以下、ササ) 何枚のパワポであっても毎回、A4用紙1枚に構成を書き出しています。それを誰でもいいので、第三者に見てもらう。DDT(DDTプロレスリング)の試合で使うパワポであれば、DDTのスタッフにチェックしてもらいます。

──意見をもらって適宜加筆修正し、ブラッシュアップする、ということですね。

ササ ええ。何かしらフィードバックをもらって、必要があれば資料に反映します。大学生の方であれば、クラスメイトやゼミの仲間に見てもらうのがいいと思いますよ。とくにゼミだと、みんな同じテーマでやっているわけですから、ベースに共通認識がありますしね。一方で、見ず知らずの方から先入観のないコメントをもらいたいなら、「ニコナレ(※2)」など、ネット上のプレゼン共有サービスを使うのもおすすめです。スライドをアップしたら、実際に音声をつけて、ユーザーに対してプレゼンもできるんですよ。たくさんコメントが書き込まれるのはありがたいですよね。

 

※2 参考:「Negicco 〜もし新潟のローカルアイドルがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」

http://niconare.nicovideo.jp/watch/kn1621/

 

プレゼン中、聞き手に影響を与えるのはパワポ資料

──周りに確認してもらったら、いよいよパワポ資料の作成に入っていくわけですが、枚数や時間で意識していることはありますか?

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。