体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユネスコの世界遺産「下賀茂神社」で夏の風物詩「みたらし祭」に参加

生活・趣味

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

下賀茂神社

ユネスコの世界遺産「下賀茂神社」で夏の風物詩「みたらし祭」に参加

賀茂氏の氏神を祀る賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)。御祭神は、玉依姫命 (たまよりひめのみこと)と賀茂建角身命 (かもたけつぬみのみこと。下賀茂神社は通称です。賀茂氏の氏神を祀っているのは、もうひとつ、賀茂別雷神社(上賀茂神社)があります。「古都京都の文化財」として、1994年上賀茂神社とともにユネスコの世界遺産に登録されました。

最初に訪ねたのは下賀茂神社。京都駅の市バスA2乗り場から、205系統か4系統のバスに乗ります。ちょうどやってきたのが205系統だったので、そちらに乗車。40分ほどで下賀茂神社に到着しました。

ユネスコの世界遺産「下賀茂神社」で夏の風物詩「みたらし祭」に参加

この日(7/23)から始まった「みたらし祭」に参加したかったのです。平安時代、貴族が行っていた禊祓いが、現在、下鴨神社の夏の風物詩として行われています。普段は入ることができない御手洗池の中を歩き、罪、けがれを祓います。

ユネスコの世界遺産「下賀茂神社」で夏の風物詩「みたらし祭」に参加

300円を払って蝋燭を受け取り御手洗池の中を歩いて蝋燭に火をつけます。冷たい池の水は膝下まで深さがあって、とっても気持ちいいのです。

ユネスコの世界遺産「下賀茂神社」で夏の風物詩「みたらし祭」に参加

祭壇に蝋燭をお供えします。

暑い日だったので、水の冷たさが本当に気持ちよくて、ずっとつかっていたかったです。

ユネスコの世界遺産「下賀茂神社」で夏の風物詩「みたらし祭」に参加

■関連記事
【京都】平等院の茶房でいただく冷やし煎茶が驚くほど甘くておいしい

http://tabizine.jp/2016/08/03/90906/

池から上がったら、体の中から清めるために御神水をいただき、禊終了。

ユネスコの世界遺産「下賀茂神社」で夏の風物詩「みたらし祭」に参加
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会